« 高橋文夫◆雑誌よ、甦れ――「情報津波」時代のジャーナリズム | トップページ | 木村俊介◆変人――埴谷雄高の肖像 »

2009.03.31

山崎武也◆シニアこそ都会に住もう――田舎暮らしは不安がいっぱい

20090331yamasakisinia

足腰立たなくなったら、最後には人の助けを借り人に頼って生きていかなくてはならない。だが、それまでは、自分が清く正しく美しく生きてきたことに自信を持って、毅然たる態度を貫き続けていく。

それを人が見習ってくれればいい。だが、そうしないからといって、口を差し挟んで戒めようとはしないことだ。〔…〕口で教えようとするのは、説教をすることである。

説教は押し付けであり、押し付けは相手の事情も斟酌しない、自分勝手な言動であり、一方的な強制でしかない。

それは民主的な手法には相反するもので、人に拒否されても仕方がない。

人々が自主的にいいと思って、積極的に受け入れようとしなかったら、どんなにいいことであっても、何らプラスの効果を生み出すことはない。

誰もが憧れるようなライフスタイルを確立して見せれば、自然に人々は追従し真似るようになる。そのための舞台としては、人々が多く集まる都会のほうが効果的であるのは疑いないだろう。

――「毅然として生きる」

*

*

◆シニアこそ都会に住もう――田舎暮らしは不安がいっぱい|山崎武也PHP研究所 |ISBN9784569704975 200902

★★

《キャッチ・コピー》

都会の空気のなかで「洗練された若さ」をつくる。定年後こそ「わがままに」生きようとの提案。

鷲田小弥太◆男の老後力

上野千鶴子◆おひとりさまの老後

島田雅彦■ 快楽急行

高橋源一郎/しりあがり寿・絵◆おじさんは白馬に乗って

|

« 高橋文夫◆雑誌よ、甦れ――「情報津波」時代のジャーナリズム | トップページ | 木村俊介◆変人――埴谷雄高の肖像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高橋文夫◆雑誌よ、甦れ――「情報津波」時代のジャーナリズム | トップページ | 木村俊介◆変人――埴谷雄高の肖像 »