« 野坂暘子◆リハビリ・ダンディ――野坂昭如と私 介護の二千日 | トップページ | 遠藤展子◆父・藤沢周平との暮し »

2009.06.18

佐藤嘉尚◆人を惚れさせる男――吉行淳之介伝

20090618sathohitowo

「気持ちのいいお家ですね」

「そうか。キミは初めてだったんだね。家を造るってのは疲れるというから、オレは設計に一切タッチしなかったんだけど、ま、悪くないと思っている。

ただ、この暖炉だけが、ちょっと仰々しいから気になってるんだ。来る人に、これはチラシやダイレクトメールや生原稿を燃やすためのものなんだ、といちいち解説しなきやいけない。

何だか、解説のいる暖炉なんだ

「全然気になりませんけどね」

「そうか。それならいいんだが」

淳之介は、活字になった生原稿は生々しくてイヤだと言って、すぐ燃やしてしまうへキがあった。

市ヶ谷や北千束の家では、庭でたき火をやるようにして燃やしていたのを、今度は暖炉でやることになったわけだ。

*

◆人を惚れさせる男――吉行淳之介伝|佐藤嘉尚|新潮社|ISBN9784103146315200904

★★★

《キャッチ・コピー》

友情に厚く律儀な一方、「個人主義」を頑ななまでに貫いた、独自なスタイルの作家・吉行淳之介。吉行が初代編集長をつとめた「面白半分」を創刊し、彼を人生の師匠とあおぐ著者が描いた男の達人の生涯。

memo

伝記というよりエピソード集?

村松友視■ 淳之介流 - やわらかい約束

石堂淑朗◆偏屈老人の銀幕茫々

|

« 野坂暘子◆リハビリ・ダンディ――野坂昭如と私 介護の二千日 | トップページ | 遠藤展子◆父・藤沢周平との暮し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野坂暘子◆リハビリ・ダンディ――野坂昭如と私 介護の二千日 | トップページ | 遠藤展子◆父・藤沢周平との暮し »