« ノンフィクション100選★太平洋ひとりぼっち|堀江謙一 | トップページ | ノンフィクション100選★筑豊のこどもたち|土門拳 »

2009.07.11

池内紀◆日本風景論

20090711ikeuchinihon

現実の富士山は異様な、幻想的な山であって、エキゾティックですらあるだろう。それを自分のなかの富士山にはめこもうとすると、何かがはみ出す。〔…〕

日本人の風景観には、いつもどこかに富士山がひそんでいるのではなかろうか。

富嶽百景が東海道中のすべてにしみついているように、日本人の精神的図柄のなかには、おなじみの三角のお山が写し絵になっている。

現実の景観はつねに異様であり、親しみにくいのだ。マッチのラベルに縮小し、三十六景、あるいは百景に再生されて、ようやく夢の風景になる。

この国の風景は地図よりもむしろ夢想のなかにある。〔…〕

写真の絵葉書が実写であるにもかかわらず、かぎりなく浮世絵に似てくるのはそのせいだ。

――「山麓徘徊」

*

◆日本風景論|池内紀|角川学芸出版|ISBN9784047034426200903

★★★

《キャッチ・コピー》

宗谷岬、那智の滝、四国の遍路路、富士山――。日本各地の懐かしい風景、新しい風景の中を歩きながら人に出会い、歴史と文化に思いを馳せる。日本の風景と暮らしの豊かさをゆったりと味わう紀行エッセイ。

池内紀◆異国を楽しむ

池内紀◆世の中にひとこと

|

« ノンフィクション100選★太平洋ひとりぼっち|堀江謙一 | トップページ | ノンフィクション100選★筑豊のこどもたち|土門拳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノンフィクション100選★太平洋ひとりぼっち|堀江謙一 | トップページ | ノンフィクション100選★筑豊のこどもたち|土門拳 »