« ノンフィクション100★小説より奇なり|伊丹十三 | トップページ | 江上剛◆戦いに終わりなし――最新アジアビジネス熱風録 »

2009.07.08

小林信彦◆B型の品格――本音を申せば

20090708kobayashib

そういうB型人間の悲哀を描いたのが夏目漱石の「坊っちゃん」だ。

漱石自身もB型だったはずで、愛すべき(とぼくは思う)「坊っちゃん」の語り手(主人公)を〈B型ヒーロ〉と名づけたのは、確か、大岡昇平さんで、大岡さんもB型だった。

「坊っちゃん」は、ずっと、文豪が片手間に書いた通俗小説扱いをされていた。これが悲劇と見られるようになったのは、1970年以降だという。〔…〕

しかし、表面のユーモアをはがしてみれば、これは〈B型ヒーロ〉の孤独、勘ちがい、怒り、立ち直りの早さ、敗北を、この上なく正確に描いた小説である。

「坊っちゃん」の主人公はB型人間の長所と欠点を背負っているが、なによりも品格がある。この品格は漱石自身のものであって、戦前戦後におびただしく出版された「坊っちゃん」を真似た小説とはその一点がちがう。

一息で書かれたにもかかわらず、文学史に吃立するのは、作品の品格のせいである。

――B型の品格

*

◆B型の品格――本音を申せば|小林信彦|文藝春秋|ISBN9784163713502200904

★★★

《キャッチ・コピー》

とにかく凝る、さっきと違うことを平気で口にする、だまされやすい…。B型人間は個性的。だからか、有名人にはなぜかB型が多い。「週刊文春」好評連載=クロニクル的時評、単行本化第11弾。

小林信彦■ 映画×東京とっておき雑学ノート――本音を申せば

小林信彦■ 昭和のまぼろし――本音を申せば

小林信彦■ うらなり

|

« ノンフィクション100★小説より奇なり|伊丹十三 | トップページ | 江上剛◆戦いに終わりなし――最新アジアビジネス熱風録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノンフィクション100★小説より奇なり|伊丹十三 | トップページ | 江上剛◆戦いに終わりなし――最新アジアビジネス熱風録 »