« 河内孝◆血の政治――青嵐会という物語 | トップページ | 田沢拓也◆無用の達人 山崎方代 »

2009.11.17

梯久美子◆昭和の遺書―55人の魂の記録

20091117kakehashisyowa

昭和がもたらした陶酔も傷も悔恨も、日本人は忘れてしまったように見えて、実は深いところでいまだに引きずっているのではないだろうか。〔…〕

戦争を知らず、昭和が終わったときまだ三十歳になっていなかった私でさえ、いま自分が生きているのは、平成ではなく、昭和の続きという時代なのかもしれないと思うことがある。

昭和史について調べたり考えたりしているとなおさら、平成の二十年間が、なんだかのっべらぼうで平板なものに見えてくるのである。

日本人にとって、決していいことばかりではなかった昭和という時代を、なぜ私たちは何度も振り返り、反芻し、いとおしむのだろうか。

それは、個人の人生が、歴史と激しく交差した時代だったからだろう。

すべての国民が否応なしに歴史の渦に巻きこまれた。生者は時代の直接の証言者となり、死者たちは歴史の中の死を死んだ。こんな時代は、あとにも先にも昭和だけである。

◆昭和の遺書―55人の魂の記録|梯久美子|文藝春秋|ISBN9784166607136200909月|新書

★★★

《キャッチ・コピー》

昭和ほど多くの遺書が書かれた時代はない。遺書でたどる昭和史、決定版。

memo

昭和は戦争がすべて。

|

« 河内孝◆血の政治――青嵐会という物語 | トップページ | 田沢拓也◆無用の達人 山崎方代 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梯久美子◆昭和の遺書―55人の魂の記録:

« 河内孝◆血の政治――青嵐会という物語 | トップページ | 田沢拓也◆無用の達人 山崎方代 »