« 嵐山光三郎◆「下り坂」繁盛記 | トップページ | ノンフィクション100選★新東洋事情|深田祐介 »

2009.11.04

小林信彦◆黒澤明という時代

20091104kobayashikurosawa

改めて思うことだが、〈黒澤流ヒューマン・アクション〉が存分に発揮されたのは、「姿三四郎」(昭和18年)から「天国と地獄」(昭和38年)までであった長い時間が過ぎたから、冷静に判断できるのである。

太平洋戦争末期から公害まみれの東京オリンピックの前年まで――それが黒澤明という名の象徴する時代であった。敗戦・戦後から歪んだ高度成長まで、と言ってしまっては、単純化しすぎるのであるけれども。

そして、名前が巨大になり過ぎた。それ以後は、絵画的で静的な世界に沈んでいった。私はそう見ている。

◆黒澤明という時代|小林信彦|文藝春秋|ISBN9784163717203200909

★★★★

《キャッチ・コピー》

〈世界のクロサワ〉の全作品をその公開時に見ることをつづけてきた著者が書く、時代と格闘してきた映画作家の栄光と挫折、喜びと苦悩。

《memo》

“老いたり”の感つよく、リアルタイムで小林信彦の新著を読むのも残り少なくなってきたと思っていたが、映画の話となると“小林ぶし”衰えず。

橋本忍■ 複眼の映像――私と黒澤明

田草川弘■ 黒澤明vs.ハリウッド――『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて

|

« 嵐山光三郎◆「下り坂」繁盛記 | トップページ | ノンフィクション100選★新東洋事情|深田祐介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林信彦◆黒澤明という時代:

« 嵐山光三郎◆「下り坂」繁盛記 | トップページ | ノンフィクション100選★新東洋事情|深田祐介 »