« ノンフィクション100選★文壇|野坂昭如 | トップページ | 吉村昭著/津村節子編◆炎天 »

2009.11.14

矢野誠一◆舞台人走馬燈

20091114yanobutaijin

国民歌手のレッテルをはられ、両手を大きくひろげ「お客さまは神様です」とやっていた三波春夫は、好きじゃなかった。慇懃無礼で、すこぶる尊大にうつったのである。〔…〕

永六輔の紹介で、北桃子の俳号を持つ三波春夫が、私たちの句会にゲストとして初参加したのは1997年の2月だった。

いだいていたイメージが、この初対面でものの見事にやぶられた。こんなこと大袈裟でなく、生まれて初めての体験だった。

仮りにも一世を画した藝人でありながら、謙虚につきるその態度にまずおどろかされたし、辛酸をなめたはずのシベリア抑留体験を語る、ときにユーモアを交えた話術の妙で満座をわかせた。

加えて、ゆたかな学識。それもアカデミズムとは距離を置いたところで、自分で学びとって身につけたものときているのだから、心底参ってしまったのである。〔…〕

初対面のとき、すでに癌の治療を受けていたことは、訃報で知った。

――「三波春夫」

◆舞台人走馬燈|矢野誠一|早川書房|ISBN9784152090652200908

★★

《キャッチ・コピー》

舞台に生きた73人の人生を通して綴られる一巻の戦後文化史。

memo

舞台で活躍した俳優、演出家との“一期一会”を語った短いコラム73本。「それでいて」と書くのが癖で、「(という)なかで」とともにわたしの大嫌いなことばである。

矢野誠一■ 戸板康二の歳月

矢野誠一■文人たちの寄席

|

« ノンフィクション100選★文壇|野坂昭如 | トップページ | 吉村昭著/津村節子編◆炎天 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢野誠一◆舞台人走馬燈:

« ノンフィクション100選★文壇|野坂昭如 | トップページ | 吉村昭著/津村節子編◆炎天 »