« 高野秀行◆メモリークエスト | トップページ | ノンフィクション100選★誘拐|本田靖春 »

2009.11.24

鷲田清一◆噛みきれない想い

20091124washidakamikirenai

客である相手を主にするのが、接客のこころ(ホスピタリティ)というものである。

愚痴の聞き役になる、憤懣の受け手になる、それを心得た接客のプロのみならず、市井のひとだって接客のマナーはわきまえている。

客がくれば、ふだんは主人が座る床の間の前へと、客に座布団をすすめる。客を主にし、じぶんはその客の客になるのだ。ホスピタリティというのは、その意味でイニシアティヴを客にわたすところにある。〔…〕

じぶんのものである時間をだれかにあげるという心根、そこにこそホスピタリティはある。

最近のお笑いタレントは、「主」がだれかを忘れているようにみえる。

漫才師や噺家としての芸を失い、ホスピタリティのプロであることをみずから放棄している

使い捨てになっても、しかた、あるまい。

――「お笑いタレントの『罪』」

◆噛みきれない想い|鷲田清一|角川学芸出版|ISBN9784046214690200907

★★★

《キャッチ・コピー》

ひとは他者とのインターディペンデンス(相互依存)でなりたっている。「わたし」の生も死も、在ることの理由も、そのつながりのなかにある。日常の隙間にみえるメタファーから「答え」のない「問い」と向き合う、思索のエスプリ。

memo

久しぶりにエッセイが堪能できるエッセイ集。

鷲田清一/内田樹◆大人のいない国――成熟社会の未熟なあなた

|

« 高野秀行◆メモリークエスト | トップページ | ノンフィクション100選★誘拐|本田靖春 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲田清一◆噛みきれない想い:

« 高野秀行◆メモリークエスト | トップページ | ノンフィクション100選★誘拐|本田靖春 »