« 安野光雅/半藤一利◆三国志談義 | トップページ | 北方謙三◆三国志(2の巻) »

2009.12.12

北方謙三◆三国志(1の巻)

Kitakatasan01

「いずれ、周瑜も軍人になりたいと言っております。どちらが早く一軍の将になれるか、競争しょうという話をよくします」

「そうか。そんなに戦が好きか」

「好きではありません。しかしいまは、戦が必要な時代です。戦で、この国の無駄なものが削ぎ落とされていくだろうと思うからです。

国は、若々しくなければなりません

17歳の少年の言葉とも思えなかった。策などは、弓や剣に熱中していて、戦の意味など考えもしないだろう。〔…〕

「これはまた、策はいい友を持ったものだ」

孫堅は、常用している赤い幘(さく)を、周瑜に差し出した。

◆三国志(1の巻)|北方謙三|角川春樹事務所|ISBN9784894568686200106月|文庫

《キャッチ・コピー》

激しくも哀切な興亡ドラマを雄渾華麗に謳いあげる、北方〈三国志〉第一巻。

|

« 安野光雅/半藤一利◆三国志談義 | トップページ | 北方謙三◆三国志(2の巻) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三◆三国志(1の巻):

« 安野光雅/半藤一利◆三国志談義 | トップページ | 北方謙三◆三国志(2の巻) »