« 北方謙三◆三国志(10の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(12の巻) »

2009.12.22

北方謙三◆三国志(11の巻)

200912kitakatasan11

劉備は、斜面の手前に立ち、ぼんやりと長江に眼をやっていた。〔…〕

「おまえは、止めたな、私を。魏こそがまことの敵であると。そんなことは、私にはわかっていた。関羽と張飛を殺した者が、まだ生きている。それが、耐えられなかっただけなのだ。そして、兵を出した。大将の資格はあるまい」

「それ以前に、人として、男としてのありようを、陛下は大事にされたのだ、と私は思っております。孔明殿の戦略を優先されれば、天下への道は近かったと思います。

しかし、人としての思い、男としての思いを捨ててまで、なんの天下だ、と陛下は思われたはずです〔…〕」

「もうよい、超雲

「孔明殿も、そう考えたはずです。人の思いを失った天下であってはならないのです」

◆三国志(11の巻)|北方謙三|角川春樹事務所|ISBN9784894569669200204月|文庫

《キャッチ・コピー》

そして孔明は、呉蜀の決戦の果てに、遺された志を継ぐ。北方“三国志”衝撃の第十一巻。

|

« 北方謙三◆三国志(10の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(12の巻) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三◆三国志(11の巻):

« 北方謙三◆三国志(10の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(12の巻) »