« 佐野真一◆ドキュメント昭和が終わった日 | トップページ | 福岡伸一ほか◆25歳の補習授業――学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと »

2009.12.30

徳岡孝夫◆完本 紳士と淑女 1980~2009

20091230tokuokasinnshi

鳩山演説を聞いて、私は「これで1ページは書ける」と感じた。〔…〕そこへ弟の鳩山邦夫が思いがけない発言をした。かんぽの宿の一括売却を「許さない」、「だって正義に反するもの」というのである。友愛の次は正義か! 

私はほとんど卒倒しかけた。これを書かずに何を書くか。

思わず立ち上がってバンザイを叫びかけたが、その瞬間、我に返った。私の右腕には点滴の針が差され、チューブの下には洩瓶がぶら下がっていた。

3月(2009年)に入院する直前、「諸君!」の編集長から「6月号で休刊になります」と、雑誌の終焉を聞かされていた。

おまけに私の視力は近頃とみに悪化し、大きいルーペを使ってももはや新聞の切り抜きは読めなくなった。書く力がない。書く場所がない。もうトシである。人を呪わば穴二つ。〔…〕

音羽の兄弟の片言隻語を捉えて嘲笑するような仕事には向いていなかった。30年前の編集長がなぜ私に目をつけて寄稿を求めたか不明だが、それが長々と続いたのはもっと不思議である。しかし今や彼の連載コラムも終わった。

◆完本 紳士と淑女 19802009|徳岡孝夫 |文藝春秋 |ISBN9784166607167 200909月|新書

★★★

《キャッチ・コピー》

オピニオン誌「諸君!」の巻頭を飾る名物匿名コラム「紳士と淑女」は19801月号より連載が始まった。爾来30年、時流におもねらず、深い洞察力とジャーナリスティックなセンスで数々の名文を書き続けた筆者は、雑誌の休刊にともない、ついに自らの名とがん闘病を明らかにした。

memo

徳岡版現代史“人物クロニクル”、コラム263本。

徳岡孝夫■「民主主義」を疑え! 

|

« 佐野真一◆ドキュメント昭和が終わった日 | トップページ | 福岡伸一ほか◆25歳の補習授業――学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳岡孝夫◆完本 紳士と淑女 1980~2009:

« 佐野真一◆ドキュメント昭和が終わった日 | トップページ | 福岡伸一ほか◆25歳の補習授業――学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと »