« 北方謙三◆三国志(1の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(3の巻) »

2009.12.13

北方謙三◆三国志(2の巻)

Kitakatasan02

「俺は、おまえのためには闘おうと思う」

「そう言ってくださるだけで、私は嬉しいのです。でも、男なら自分のために闘うべきなのです。そういう男にこそ、女は魅かれるのです。生涯を捧げてもいいという気になれるのです。高が女のために闘って、大きな戦などできませんわ」

「わかった、わかった」

呂布(りよふ)は、瑶(よう)の頬に掌を置いた。衰えた肌だった。自分とともに衰えてきたのだ、と思うとそれさえいとおしい。

胸に抱かれたい。躰が縮んで、そのまま子供になりたい。いや、もっと小さくなりたい。生まれ出る前の姿になって、瑶の腹の中で眠っていたい。時々、強烈にそう思うことがあった。

「もう行くぞ」

◆三国志(2の巻)|北方謙三|角川春樹事務所|ISBN9784894568754200107月|文庫

《キャッチ・コピー》

(とき)の風が波瀾を起こす、北方<三国志>第二巻。

|

« 北方謙三◆三国志(1の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(3の巻) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三◆三国志(2の巻):

« 北方謙三◆三国志(1の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(3の巻) »