« 徳岡孝夫◆完本 紳士と淑女 1980~2009 | トップページ | ◆2009年おすすめ本ベスト10*****2008年出版分 »

2009.12.31

福岡伸一ほか◆25歳の補習授業――学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと

2009123125saino

モノを細かく見ていくと、視野が狭くなるということは意識してほしいのです。

顕微鏡で倍率を100倍上げると、見える面積が1万分の1になります。そのうえ、範囲が狭くなれば、光の量が減るので暗くなります。〔…〕

見た目は昨日と変わりない自分自身も、部分を拡大して見てみると、必ず昨日とは入れ替わっているところがある。身体は今この瞬間も、リセットされ続けている。

こういった「動的平衡」の観点から、現代を生きる人に言えるのは何か?

それは、「時間に対する感覚を取り戻そう」ということです。

もっと具体的に言うと、

「私たち人間も、時間や空間を細かく分けて、それだけで判断するのはやめませんか」

ということです。

いいことも悪いことも、すべては一過性のものであって、結局は流れていく。それでも全体は保たれている〔…〕

「状態は常に変わるのだから、今をクヨクヨすることはないんじゃないですか」ということです。

――1時限目「理科ごころを持つ」講師・福岡伸一

25歳の補習授業――学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと|小学館ISBN9784093878838 200910

★★

《キャッチ・コピー》

うまくいかない?こうすればいいんだよ。すがるものなき人々へ“最後の7賢人”による革命的講義。福岡伸一/糸井重里/池上彰/姜尚中/養老孟司/太田光/渡邉美樹。

memo

読んだからといって、役に立つとは限らない。「ビッグコミックスピリッツ」連載の「ネオトナ入門」。

福岡伸一■ 生物と無生物のあいだ

|

« 徳岡孝夫◆完本 紳士と淑女 1980~2009 | トップページ | ◆2009年おすすめ本ベスト10*****2008年出版分 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡伸一ほか◆25歳の補習授業――学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと:

« 徳岡孝夫◆完本 紳士と淑女 1980~2009 | トップページ | ◆2009年おすすめ本ベスト10*****2008年出版分 »