« 斎藤明美◆最後の日本人 | トップページ | 福本邦雄◆表舞台裏舞台――福本邦雄回顧録 »

2009.12.08

今野敏◆疑心――隠蔽捜査3

20091208konnogisin

昔、一人の老婆がおり、20年にもわたり、一人の雲水の面倒をみていた。いつも、若い娘に食事の世話などをさせていた。

ある日、老婆はその娘を使って、雲水を試そうとした。

娘は、雲水に抱きつき、こう尋ねたのだ。「どうです? どんな感じがしますか?」

すると、雲水は、平然とこたえた。

「枯れ木が凍り付いた岩に寄りかかったようなものです。真冬に暖気がないように、私には色情などまったくありません。だから、私は何も感じません」

娘は、帰って老婆にありのままを伝える。

すると、老婆は烈火のごとく怒り狂った。

「私は、20年もかけて、こんな俗物を育てていたのか」

老婆は、たちまち雲水を追い出し、汚らわしいと言って、雲水が住んでいた庵を焼いてしまった。それくらい老婆の怒りは凄まじかったのだ。

「婆子焼庵」はここで終わっている。

いったい、何のことだ……。

◆疑心――隠蔽捜査3|今野敏|新潮社|ISBN9784103002536200903

★★★

《キャッチ・コピー》

米大統領訪日の方面警備責任者を命じられた竜崎のもとに、専用機AF1の到着する羽田空港でのテロの情報が。

memo

大森署長に左遷されたキャリア警察官僚竜崎の視線で描くシリーズ第3作。世事にうとく妻に唐変木といわれている竜﨑が、なんと部下の女性に恋心を抱く。悩みの果てに禅問答の本にたどりつく。上掲は「婆子焼庵」という公案。「悩むことを恐れるべきではなかった」という教訓(?)

今野敏■ 隠蔽捜査

今野敏■ 果断――隠蔽捜査2

|

« 斎藤明美◆最後の日本人 | トップページ | 福本邦雄◆表舞台裏舞台――福本邦雄回顧録 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今野敏◆疑心――隠蔽捜査3:

« 斎藤明美◆最後の日本人 | トップページ | 福本邦雄◆表舞台裏舞台――福本邦雄回顧録 »