« 北方謙三◆三国志(5の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(7の巻) »

2009.12.17

北方謙三◆三国志(6の巻)

200912kitakatasan06

そうやりながら、土と語り合うことを覚えた。息苦しい、と土が語りかけてきたら、耕してやる。水が欲しいと言う時は、小川の水を引いてやる。

自分は、このまま終るのだろうか。

孔明も、土に訊いた。〔…〕

人は、自分を闊達だと言う。学を好み、出世や名利に媚びないと言う。闊達ではなかった。土は、それをよく知っている。世に出たいという思いもあった。しかし、愚かな者の下にはいたくなかった。

どこかで、心がねじ曲がった。それはよくわかっていた。時々は、怨念のような言葉を、土の中に埋めた。

この土は肥料だけで肥えたのではない。自分の思いを、十年にわたって呑みこみながら、肥えていったのだ。

◆三国志(6の巻)|北方謙三|角川春樹事務所|ISBN9784894569461200111月|文庫

《キャッチ・コピー》

諸葛亮孔明、静謐の竹林を出て、ついに登場!混迷の乱世、いまだ定まらず。

|

« 北方謙三◆三国志(5の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(7の巻) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三◆三国志(6の巻):

« 北方謙三◆三国志(5の巻) | トップページ | 北方謙三◆三国志(7の巻) »