« 今野敏◆疑心――隠蔽捜査3 | トップページ | 中村安希◆インパラの朝――ユーラシア・アフリカ大陸684日 »

2009.12.09

福本邦雄◆表舞台裏舞台――福本邦雄回顧録

20091209hukumotoomote

 中曽根内閣の時、「安竹宮」で中曽根後継が決まる時の話なんですが、〔…〕「経世会」――竹下事務所に立ち寄ったんですね。〔…〕それで、相手は中曽根さんだし、時間を潰していてもしょうがない。何か手がないか、と。それで、「どうしようか」と言うから、〔…〕

翌日、藤波官房長官に私の事務所に来てもらって、「実は、御不例であられる陛下に何か起きた場合、即時政治休戦で、中曽根続投で行こうという提案をするつもりだ」と言った。〔…〕

それで、これは歴史に残ることなんだが、藤波は、「中曽根さんというのは低血圧で、午前中は駄目だ。午前中は、意気が上がらない。すべて悲観的に見る。それが活性化するのは、夕方からだ」と言うんだ。〔…〕

「じゃあ、夜にセットしよう」ということで、数日後の夜、竹下さんとの会談をセットしたんだ。これは、公邸で2時間だ。だから、竹下さんが一番乗りで話をした。翌日の朝、安倍、宮沢が、それぞれ30分ぐらいずつ話したんだ。〔…〕

政治休戦の提案ということと、藤波の判断による時間の設定が、後継を決定する大きなモーメントになったと思う。

(昭和621020日、竹下氏は、中曽根総理より後継者として指名される)。

◆表舞台裏舞台――福本邦雄回顧録|福本邦雄|講談社|ISBN9784062137607200704

★★★

《キャッチ・コピー》

驚くべき新事実が次々と明かされた!政治の世界を知り尽くし、「最後のフィクサー」と呼ばれた男が全てを語った3年間19回に及ぶ迫真の証言録。

memo

伊藤隆、御厨貴を聞き手とするオーラル・ヒストリー(歴史研究のために関係者から直接話を聞き取り、記録としてまとめること)。重複部分が多いが、「微妙な差異」があり、そのまま残したと御厨貴のあとがきにあるのだが……。

福本邦雄◆炎立つとは――むかし女ありけり

|

« 今野敏◆疑心――隠蔽捜査3 | トップページ | 中村安希◆インパラの朝――ユーラシア・アフリカ大陸684日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福本邦雄◆表舞台裏舞台――福本邦雄回顧録:

« 今野敏◆疑心――隠蔽捜査3 | トップページ | 中村安希◆インパラの朝――ユーラシア・アフリカ大陸684日 »