« 乙川優三郎●逍遙の季節 | トップページ | 北村薫●北村薫の創作表現講義――あなたを読む、わたしを書く »

2010.01.29

佐々木譲●暴雪圏

20100129sasakibousetuken

女がどのような死にかたをしたのかは、まだわからない。殺害されたと決めつけるのは早すぎる。失踪をめぐっては不自然な状況があった、と言えるに留まる。

亭主は女の死を知っていたのか? 何か関係しているのか? 捜索願いを出していない理由は何か?

亭主は何か隠していないか?

疑念が、抑えようもないほどにふくらんできた。

落ち着け、と川久保は自分に言い聞かせた。

ろくに情報がないうちから、妄想で遊んではならない。想像力の暴走は止めなければならないのだ。

だいいち自分は、一介の駐在警官にすぎないのだから

●暴雪圏|佐々木譲|新潮社|ISBN9784104555079200902月|評=○

<キャッチコピー>

十勝平野が十年ぶりの超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、冴えない人生の終着点で職場の金を持ち出すサラリーマン…。超弩級の警察小説。

<memo>

連作短編「制服捜査」の主人公の川久保篤巡査部長が再び登場。今回は小さな町のたった1日の出来事を長編に。

佐々木譲■ 制服捜査

佐々木譲■ 警察庁から来た男

佐々木譲■ 笑う警官

|

« 乙川優三郎●逍遙の季節 | トップページ | 北村薫●北村薫の創作表現講義――あなたを読む、わたしを書く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木譲●暴雪圏:

« 乙川優三郎●逍遙の季節 | トップページ | 北村薫●北村薫の創作表現講義――あなたを読む、わたしを書く »