« 出久根達郎●春本を愉しむ | トップページ | 司馬遼太郎●坂の上の雲(一) »

2010.01.08

佐藤正午●正午派

20100108sathosyogoha

Xで始まる英単語は少ない。辞書でも一頁に収まるくらいだし、三つ憶えてれば事は足りる。Ⅹ-rays (レントゲン) と、Ⅹerox (ゼロックス) と、そしてもう一つはⅩmasだ。

ちなみにクリスマの語源は「キリストのミサ」ということだが、それをⅩmasと表記するのは、Ⅹがギリシア語でキリストの頭文字だからである。〔…〕

「なんでこんなことをいつまでも憶えているんだろう」

クリスマシーズンの夜。看板間際の時刻で、カウンター席に残っている客は彼一人だった。話相手をつとめていた女性のバーテンダーが訊ねた。〔…〕

「記憶力がいいんですね」

「年をとるね、どうでもいい記憶だけ残っている。誰かと過ごしたクリスマスの思い出なんか、もうぜんぜん憶えてない」

「じゃあ、今夜のことも?」

「うん。きっと来年になったら忘れてると思う」

 ラストオーダーの時刻になった。BGMのクリスマスソングをぼんやり聞いていると、バーテンダーが脚付きのグラスを差し出た。

「今夜を記憶に残すために」

それはほのかに白濁したカクテルだった。まるでクリスマに降る雪を溶かし込んだように。

「Ⅹで始まる言葉がもう一つあります」と彼女は言った。「このカクテルの名前です」

――「X・Y・Z」(『カクテル物語』)

●正午派|佐藤正午|小学館|ISBN9784093862448200911月|評価=○

<キャッチコピー>

未収録短編小説・エッセイを中心に収めるほか、作家人生を振り返るロングインタビュー、幻の原作映画脚本、年譜など究極の「佐藤正午読本。

<memo>

作家デビュー25周年に合わせ刊行されたファン向けの1冊。上掲は某広報誌に載った「カクテル物語」の1篇。連載時はカクテルの写真とレシピがついていたそうだ。

佐藤正午■ 小説の読み書き

|

« 出久根達郎●春本を愉しむ | トップページ | 司馬遼太郎●坂の上の雲(一) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤正午●正午派:

« 出久根達郎●春本を愉しむ | トップページ | 司馬遼太郎●坂の上の雲(一) »