« 平岡正明●文庫はこう読め! ――マチャアキ的文学論 | トップページ | 石井裕●県境マニア! ――日本全国びっくり珍スポットの旅 »

2010.02.27

松田哲夫●「王様のブランチ」のブックガイド200

20100227matsudaosama

「テレビ、特に情報バラエティ番組を見ている視聴者は、そこで話されている言葉をほとんど聞いていない」ということだ。

こういうタイプの番組は、おおむね時計代わりなので、集中して見ている人は少ない。すべての言葉とまでは言わないが、少なくとも、微妙なニュアンスが届きにくいことはたしかだ。〔

実は、届く言葉もまれにあることがわかってきた。一つは「ナンバーワン」とか「ベストワン」という言葉だ。〔…〕

視聴者に届いていると感じるもう一つの言葉は「泣いた」または「涙が流れた」だ最初は意識せずに、コメントの中に使っていた。ところが、どうやら、こういう言葉を使って紹介したときには、その直後の売れ行きが跳ね上がるということに、あるとき気がついた。

――1章 ぼくがコメンテーターになった理由

「王様のブランチ」のブックガイド200|松田哲夫|小学館|ISBN9784098250332200906月|新書|評=

<キャッチコピー>

TBS「王様のブランチ」で10年以上にわたって「ブックコーナー」を担当してきた編集者・松田哲夫氏が番組内で紹介した本のなかから200冊をセレクトしたブックガイド。

<memo>

若い女性向きのブックガイド。あの『編集狂時代』の著者が、こんな安易な本づくりをするとは。

松田哲夫・イラスト内澤旬子■ 「本」に恋して

|

« 平岡正明●文庫はこう読め! ――マチャアキ的文学論 | トップページ | 石井裕●県境マニア! ――日本全国びっくり珍スポットの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松田哲夫●「王様のブランチ」のブックガイド200:

« 平岡正明●文庫はこう読め! ――マチャアキ的文学論 | トップページ | 石井裕●県境マニア! ――日本全国びっくり珍スポットの旅 »