« 寺内大吉/永井路子●史脈瑞應 ――「近代説話」からの遍路 | トップページ | ノンフィクション100選★週刊誌血風録|長尾三郎 »

2010.02.24

坂野昭彦●一文無しが贋札造って捕まって

20100224sakanoitimon

先日、弁護士さんに出した手紙の下書きを取り出して読み返した。〔…〕

手紙の概要は、妻子のことを思って別れ、寝たきりでアルツハイマーの母を一人で看取ってきた。その母が残って、総てのやり甲斐を失くして罪を犯してしまったが、今ではそれを深く反省している、という内容である。

私が裁判官の立場に立って一考すると同情の余地は窺えた。しかし、その限りでしかない。このままでは舌足らずで、

“私はこうした状況の中にいたんだから助けてくれ!”

という懇願でしかない。

大切なのはもう一歩踏み込んだ、真の動機と反省、加えて私自身の揺るぎない指標だろう。動機を深く抉れば、悪質と解されて「両刃の剣」になる危険性がある。

だが、それを白日の下に晒して改悛する点に、私の人間性が如実に表れる気がした。

私はペンを執り、服部先生への本日のお礼から書き始めた。

●一文無しが贋札造って捕まって|坂野昭彦|幻冬舎|ISBN9784344016637200904月|評=○

<キャッチコピー>

あとは自殺か、ホームレスか? ふと私は自分にだけ可能で独特な犯罪を思いついた。――通貨偽造。コンピューターを駆使して造った贋の1万円札はほれぼれする出来だった。が、タクシーで50枚使った後、埼玉県警に逮捕され、すぐに裁判が始まった…。第9回幻冬舎アウトロー大賞受賞。

<memo>

留置場で同房となったリフォーム詐欺、痴漢常習者、暴力団組員、自動車泥棒、そして取り調べの刑事たちとの奇妙な連帯の日々が、静謐な文体で克明に描かれる。

高平隆久◆アメリカ監獄日記――無実の囚われ人の大冒険

泉井純一■ 夢のまた夢――ナニワのタニマチ

|

« 寺内大吉/永井路子●史脈瑞應 ――「近代説話」からの遍路 | トップページ | ノンフィクション100選★週刊誌血風録|長尾三郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂野昭彦●一文無しが贋札造って捕まって:

« 寺内大吉/永井路子●史脈瑞應 ――「近代説話」からの遍路 | トップページ | ノンフィクション100選★週刊誌血風録|長尾三郎 »