« 高村薫/藤原健●作家と新聞記者の対話 2006ー2009 | トップページ | ノンフィクション100選★カリスマ――中内功とダイエーの「戦後」|佐野真一 »

2010.03.25

中島義道●ウィーン家族-

20100325nakajimawuinn_4

もうすぐ50歳だ。あと、20年しか生きられない。

いや、もっと短いかもしれない。そのあとは、どうなるのだろう? 

まったくの無なのか、それとも何かあるのか? 7歳のころから考えてきた。人生において、このことだけが重要な問題だと確信してきた。この確信は、この歳に至るまでただの一度も揺らいだことはない。

その後、まったくの無だとすると、なんで俺は生まれてきたのか? この地上に数十年だけ生きていたことは、何の意味があるのか? 

何の意味もないことはわかっていた。だが、この問いを放棄することはできない。その後の人生で、康司はこの問いにしがみついて生きてきた。

●ウィーン家族|中島義道|角川書店|ISBN9784048740005200911月|評=○

<キャッチコピー>

浮気も裏切りもないのに… 史上最悪の夫婦小説。愛のない人間は、生きる資格がないのか。自己愛が強く、絶望的に妻を愛せない大学教授の夫。女の弱さと息子を武器に、夫を執拗に責めたてる妻。研究留学の地ウィーンで繰り広げる、壮絶な家族の、愛と依存の物語。

<memo>

あの“闘う哲学者”の初の小説だというので期待して読んだ。強面の哲学者が、こんなにデリケートな人だったとは。もっとも『ウィーン愛憎』(正続)でファンにはひろく知られている事実の小説化らしい。そちらを読んでみなくては。

中島義道◆私の嫌いな10の人びと

中島義道◆人生に生きる価値はない

|

« 高村薫/藤原健●作家と新聞記者の対話 2006ー2009 | トップページ | ノンフィクション100選★カリスマ――中内功とダイエーの「戦後」|佐野真一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中島義道●ウィーン家族-:

« 高村薫/藤原健●作家と新聞記者の対話 2006ー2009 | トップページ | ノンフィクション100選★カリスマ――中内功とダイエーの「戦後」|佐野真一 »