« 内田樹●日本辺境論 | トップページ | 山平重樹●実録神戸芸能社――山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 »

2010.03.20

西岡研介●襲撃――中田カウスの1000日戦争

20100320nisiokasyugeki

さらにはKさんが「おう、こら、四課の調べがどんなもんか知ってんのんかぁ」って聞いてくるもんやから、「知ってますよ。“板金捜査”でしょ?(被疑者を)叩いて、伸ばして、(自らが描く事件の筋書き通りの)型にはめるんでしょ」って言うたったんです。

ほしたらまた、「なめとんのかぁ!」ですわ (笑)。〔…〕

僕は(聴取)初日から、何べん聞かれても、一貫して同じ内容の話をしてたつもりなんですけどね。こちらからすれば、あんたらが、自分らで勝手に作った筋書きに、僕の話を合わせようとするから無理があるんや、という話ですよ。

けど、1週間も過ぎれば、慣れてきましてね。途中から、ああ、これは修行なんやなって思うようになりまして。

――第八章 取調室の攻防

●襲撃――中田カウスの1000日戦争|西岡研介|朝日新聞出版|ISBN9784023304482200911月|評=○

<キャッチコピー>

創業から90年余で、800人のタレントを抱え、年商490億円を誇るに至った「お笑い帝国」が抱える宿痾とは…勃発から1000日。怪しげな人々が跳梁跋扈し、マスコミや警察をも巻き込んだ、吉本興業創業家VS.現経営陣の“お家騒動”の真相を、「中田カウス襲撃事件」を端緒に抉り出す、渾身のノンフィクション。

<memo>

創業家と現経営陣との確執を描いたものだが、そもそも中田カウスという一芸人が両者に食い込んでなぜ“力”を発揮しているのかがわからない。「サロンバー時代屋」マスターの17年の裏社会との人脈を武器に、経営陣のスキャンダルを処理してのしあがっていったのか。

西岡研介■ スキャンダルを追え!「噂の眞相」トップ屋稼業

西岡研介■ マングローブ――テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実

大下英治■ 吉本興業、カネの成る木の作り方

増田晶文■ 吉本興業の正体

|

« 内田樹●日本辺境論 | トップページ | 山平重樹●実録神戸芸能社――山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西岡研介●襲撃――中田カウスの1000日戦争:

« 内田樹●日本辺境論 | トップページ | 山平重樹●実録神戸芸能社――山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 »