« 桜庭一樹●お好みの本、入荷しました――桜庭一樹読書日記 | トップページ | ノンフィクション100選★一九九一年 日本の敗北|手嶋龍一 »

2010.03.08

北村薫●自分だけの一冊――北村薫のアンソロジー教室

20100308kitamurajibundake

わたしは若い頃、《アンソロジーつて、どうしてあまり面白くないものが、多く採られているんだろう》と思いました。〔…〕

当たり前のことですが、作品を評価する物差しは人によって違うんですね。だからこそ、様々なタイプのアンソロジーが生まれる。

それからね、『古今』や『新古今』みたいな勅撰集だと配列に工夫する。つまり、歌集なんかだと、名作ばかり並べてもいけないんです。超傑作ばかりだと、読者が疲れてしまう。

駄作ではないんだけれど、《これはいいな》程度のものが入っていないと傑作がきらめかない。

若い時は欲張りになりがちですが、あまり強欲になってもいけない。この辺も、アンソロジー作りの妙味でしょう。

●自分だけの一冊――北村薫のアンソロジー教室|北村薫|新潮社|ISBN9784106103452201001月|新書|評=○

<キャッチコピー>

高校の国語教師の経験もあり、人気作家にしてアンソロジーの名手である著者が教えてくれるのは、ゆったりとした気持ちで好みの作品を見つけ、自分だけの本を編む愉しみ。好評を博した特別講義を完全再録。

<memo>

〈アンソロジーの楽しみ〉と題して、著者が新宿の朝日カルチャーセンターで行った講演の記録。当方も本ブログで〈ノンフィクション100選>というアンソロジーを編む途中。

北村薫●北村薫の創作表現講義――あなたを読む、わたしを書く

北村薫 ■ 続・詩歌の待ち伏せ

|

« 桜庭一樹●お好みの本、入荷しました――桜庭一樹読書日記 | トップページ | ノンフィクション100選★一九九一年 日本の敗北|手嶋龍一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫●自分だけの一冊――北村薫のアンソロジー教室:

« 桜庭一樹●お好みの本、入荷しました――桜庭一樹読書日記 | トップページ | ノンフィクション100選★一九九一年 日本の敗北|手嶋龍一 »