« 池谷薫●人間を撮る――ドキュメンタリーがうまれる瞬間 | トップページ | 中島義道●人生、しょせん気晴らし »

2010.03.28

出久根達郎●夢は書物にあり

20100328dekuneyumeha

日記の隅に、読み終わった本の名と著者名を、書き留めることをお勧めします。

本の感想を記す必要はありません。読後感想文というのは何度か書いているうちに、誰かに強いられているように感じて、苦になるものです。長続きしません。

書名と著者名だけ、一行でよい。読んだ本の内容は、いつか忘れるものです。本の名も、そうです。のちになって何かの折に日記を読み返した時(必ずあります)、書名と著者名を見れば、その本を読んだ時の状況や、本が面白かったこと、あるいは、つまらなかったことなどを、ありありと思いだすはず。

読後感を記すのを止めるわけではありませんが、これはあとで読み返すと、大抵いやになるのです。自分の幼さが目立ってしまう。

昔の日記に、本の名が出てくると、なつかしいものですよ。

――「日記に本を」

●夢は書物にあり|出久根達郎|平凡社|ISBN9784582834420200906月|評=○

<キャッチコピー>

本を読むと、いいことがありますか? ありますとも。「まず、人相が良くなる」 エー?「次に、他人を幸福にする」 ホー!「それから、恋が生まれる」 ホント? ウソだと思うなら、この本を読んでごらんなさい。

<memo>

そろそろ11冊という“悪習”をやめようと思う。

出久根達郎◆古本供養

出久根達郎◆本を旅する

出久根達郎●春本を愉しむ

|

« 池谷薫●人間を撮る――ドキュメンタリーがうまれる瞬間 | トップページ | 中島義道●人生、しょせん気晴らし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出久根達郎●夢は書物にあり:

« 池谷薫●人間を撮る――ドキュメンタリーがうまれる瞬間 | トップページ | 中島義道●人生、しょせん気晴らし »