« 山平重樹●実録神戸芸能社――山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 | トップページ | 吉川潮●戦後落語史 »

2010.03.22

佐野真一●戦後戦記 ――中内ダイエーと高度経済成長の時代

20100323sanosengo_2

佐野 僕は中内さんに、二億円の賠償請求で訴えられましたからね。中内さんと裁判沙汰になりながらも、やせ我慢でも何でもなく中内という人が好きなんですよ。始末に負えない親父でしたがね。

堤 「佐野さんの書いたものを取り消せ」と言って始まった裁判ですね。〔…〕

佐野 訴状によると、「確かに佐野のボールペンを頂戴したことはあるけれども、高額なものではない」と。「たかだか二百円のものである。それをあたかも詐取したごとくに書くとはいかがなものか」と(笑)。

堤 ハハハハッ。なるほど、なるほど。〔…〕

佐野 稚気があるんですよ、あの人には。中内さんは飛行機も新幹線もエコノミーでした。なんでビジネスクラスやグリーン車に乗らないんですか、と尋ねた人にこう言ったそうです。

それに乗ると早く着くんかい(笑)。僕はカリスマというのはこういう人間だと思っているんです。

――第三部 戦後日本人の豊かさと貧しさ 堤清二+佐野眞一

●戦後戦記 ――中内ダイエーと高度経済成長の時代|佐野真一:編著|平凡社|ISBN9784582824469200606月|評=○

<キャッチコピー>

われわれは中内ダイエーと中内功から何を学ぶべきなのか。「主婦の店」から一大流通王国を築いた男の夢とまぼろし。その「戦記」から、この国の豊かさと貧しさが見えてくる。カリスマの残照を追って、戦後日本の光と影に迫る。

<memo>

佐野 中内さんはすごく文才のある人でした。神戸三中では俳句のクラブに入っていまして、非常にいい句を残していますよ。もう赤紙で徴兵される寸前ですけれどね。「今は悔いず冬枯の丘駆け下る」。十七歳くらいのときだと思いますけれど。

堤 今度、俳人に教えてあげよう(笑)。「これだけの句をあんた書けるか」と言って。それくらいいい句です。

|

« 山平重樹●実録神戸芸能社――山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 | トップページ | 吉川潮●戦後落語史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐野真一●戦後戦記 ――中内ダイエーと高度経済成長の時代:

« 山平重樹●実録神戸芸能社――山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 | トップページ | 吉川潮●戦後落語史 »