« 岩見隆夫●総理の娘――知られざる権力者の素顔 | トップページ | 朝倉かすみ●ぜんぜんたいへんじゃないです。 »

2010.04.30

佐野真一●鳩山一族その金脈と血脈

20100430sanohatoyama

春子、薫、安子と三代つづいた鳩山家の女たちは、植物図鑑に見立てれば、男勝りの春子はどんな樹木よりも堅い樫の木に、才色兼備の薫は壁にしっかりまとわりついて生命力を伸ばす蔦に、﨟長けた安子は雪折れしないしなやかな柳に譬えられる。

この鳩山家三代の“婦系図”をたどっていくと、鳩山家において、政治家となった夫や息子たちよりも、陰で彼らをコントロールしてきた母親や妻たちの方が、ずっと精彩ある存在のように見えてくる。〔…〕

女性問題で夫に愛想をつかし、わが子に将来を託すというのが、政治家製造マシーンとしての鳩山家のこれまでのモチベーションであり、代々つづいたパターンだった。

だが、最初から由紀夫の首根っこを押さえた“嬶天下”の幸の場合、そうした衝動はそもそも作動しない。

鳩山一族その金脈と血脈|佐野真一|文藝春秋|ISBN9784166607303200911月|新書|評=△

<キャッチコピー>

民主党の初代首相になった鳩山由紀夫。4代続く政治家一族であり、80億円を越える資産を誇る。そのルーツと実像を詳らかにする。

<memo>

佐野眞一は、多作の果てに、三流週刊誌のような野卑な文章を書くようになってしまった。それとも本人はインタビューだけで、代作か。

|

« 岩見隆夫●総理の娘――知られざる権力者の素顔 | トップページ | 朝倉かすみ●ぜんぜんたいへんじゃないです。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐野真一●鳩山一族その金脈と血脈:

« 岩見隆夫●総理の娘――知られざる権力者の素顔 | トップページ | 朝倉かすみ●ぜんぜんたいへんじゃないです。 »