« ノンフィクション100選★人間臨終図巻|山田風太郎 | トップページ | 福田和也●人間の器量 »

2010.05.19

池上永一●王様は島にひとり

20100519ikegamiosama

ケータイ小説はテクノロジーを使った21世紀の都市伝説である。携帯電話はもはや道具の域を超え、現代人のアイデンティティにまで進化した。いまやケータイは自己の分身なのである。〔…〕

口伝の都市伝説の代わりに登場したのが「ケータイ小説」だ。

テクノロジーを使うことで、長大なテキストを正確無比に伝えられるようになった。主人公がレイプされかかたり、不治の病に罹ったり、薬物依存に陥ったり、口伝では不可能な伝播が可能になる。ダウンロードは噂話を聴く「耳」なのである。

かくして複雑な物語を共有することができるようになった都市伝説は、小説とほぼ同じ様式を獲得した。〔…〕

だが小説とは異なるメディアだ。〔…〕ケータイ小説を読む正しい態度は、誰かに伝えたくなるゴシップ話の面白がり方だ。

その証拠にケータイ小説には作者がいても、詠み人知らずのように作者の人格はないではないか。

●王様は島にひとり|池上永一|ポプラ社|ISBN9784591115022201001月|評=○

<キャッチコピー>

極端なものをこよなく愛する「東京在住八重山人」「頭にサルを飼う男」池上永一の、世間歪曲観察記録エッセイ集。ポプラ社のPR小説誌「asta*」連載。

<memo>

本書「最終回の真相」というコラムに連載の最終回となる理由がかかげてある。1不人気による打ち切り。2原稿料不払いなどの金銭トラブル。3クレームによる自粛。4誌面リーニーアルによる首切り。5雑誌休刊による集団自決。6著者の横暴による自爆テロ。「これを読み終えた後に傍の編集部注に何が書かれるのか注目してほしい」。さて本コラムの場合の真相は?

|

« ノンフィクション100選★人間臨終図巻|山田風太郎 | トップページ | 福田和也●人間の器量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池上永一●王様は島にひとり:

« ノンフィクション100選★人間臨終図巻|山田風太郎 | トップページ | 福田和也●人間の器量 »