« ノンフィクション100選★自壊する帝国|佐藤優 | トップページ | マイケル・ディルダ/高橋知子・訳●本から引き出された本――引用で綴る、読書と人生の交錯 »

2010.06.02

小西甚一●古文の読解

20100602konishikobun

わたくしは、入試で合格点の取れる古文学習を紹介しようとする。

しかし、それは、合格点を取る要領であって、満点を取る方法ではない。よく考えてみたまえ。満点なんて、取ってみたところでどれだけの使い道があるか。

合格さえすれば、あとは自分の専門で、のびのびと成長してくれたまえ。点数などにビクビクしているようでは、とても二十一世紀の日本を背おう人材にはなれない。が、合格しなくては、こもる。

そこで、合格できるだけの点は確保する――というのが、わたくしのねらいなのである。

それも、ギユーギユー詰めの内容と眼の色を変えながら格闘するのでなく、のんびり散歩するような歩調で、たのしく古文の合格点を取ってもらいたい。

およそ三十年間、入試の出題と採点をしてきた罪滅ぼしに、この本を書いた。

●古文の読解|小西甚一|筑摩書房|ISBN9784480092731201002月|文庫|評=◎おすすめ

<キャッチコピー>

長年定番であった、あの参考書を復刊。この一冊であなたも古典通!住居・服飾などを通じ作品の背景を知り、様々な古典作品から「もののあはれ」に代表される人々の感性を学びながら、当時の時代背景が詳細に理解できます。受験を離れた大人が、古典をゆっくり味わうための最適なガイドにもなる一冊。

<memo>

ゆっくり読むことにしよう。「まあ、時速25キロぐらいのつもりで、ゆるゆるお願いする。毎回1時間か1時間半ぐらいの単位でひとつの話をまとめてあり、延べ時間で90時間ないし110時間」とプロローグにある。

小西甚一■ 俳句の世界――発生から現代まで

小西甚一◆日本文学史

|

« ノンフィクション100選★自壊する帝国|佐藤優 | トップページ | マイケル・ディルダ/高橋知子・訳●本から引き出された本――引用で綴る、読書と人生の交錯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小西甚一●古文の読解:

« ノンフィクション100選★自壊する帝国|佐藤優 | トップページ | マイケル・ディルダ/高橋知子・訳●本から引き出された本――引用で綴る、読書と人生の交錯 »