« 小西甚一●古文の読解 | トップページ | 稲垣足穂◎明石 »

2010.06.03

マイケル・ディルダ/高橋知子・訳●本から引き出された本――引用で綴る、読書と人生の交錯

20100603honkara

一流の小説。求愛と許されぬ恋は、現代の小説が扱う二大テーマである。

名著とされるイギリス小説の多くは、結婚という結末を迎える。〔…〕

だが、ヨーロッパ大陸が生んだ傑作のほとんどは、失恋と死で幕を閉じる。19世紀、不義の恋を描いた物語の中心に据えられたのは女性だ。〔…〕19世紀が終わるころには、英語圏の小説家も悲劇のヒロインを描くようになっていた。〔…〕

しかし20世紀前半、物語の主軸は男性へ、それも行き場のない心を抱えていたり、背徳の恋に身をやつしたり、耐えがたい嫉妬心にとりつかれていたりする男性へと移る。〔…〕

ほぼすべてに共通する要素は、切望――幻のようで、ほとんど手にすることができない幸福への切望である。

●本から引き出された本――引用で綴る、読書と人生の交錯|マイケル・ディルダ/高橋知子・訳|早川書房|ISBN9784152091116201002月|評=○

<キャッチコピー>

「ワシントンポスト」紙で長年書評欄を担当し、ピュリッツァー賞を受賞した練達の書評家が、50年の読書人生のなかで出会った珠玉の文章をちりばめ、書をひもとくことがいかによく生きることにつながるかを綴る。

<memo>

本書「恋愛の書」の章に、

――女優のパトリック・キャンベル夫人が、かつてこう書いている。「長椅子での大騒ぎのあとにやって来るのは、ダブルベッドでの深い深い安らぎよ」

という一節がある。意味不明だったが、たまたま同時期に読んだ丸谷才一『人間的なアルファベット』にこんな一節。これならよく分かる。

――新聞記者 結婚なさっての感想は?

女優 長椅子の上で大急ぎでしなければならなかったことを、ダブル・ベッドの上でゆっくりできるようになりました。

|

« 小西甚一●古文の読解 | トップページ | 稲垣足穂◎明石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ディルダ/高橋知子・訳●本から引き出された本――引用で綴る、読書と人生の交錯:

« 小西甚一●古文の読解 | トップページ | 稲垣足穂◎明石 »