« 倉島長正●国語辞書一〇〇年――日本語をつかまえようと苦闘した人々の物語 | トップページ | ノンフィクション100選★全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件|江川紹子 »

2010.07.29

三沢明彦●捜査一課秘録

20100729

19日午後、東京・銀座では信者が通行人にビラを配っていた。

「阪神大震災は日本に襲いかかる数々の恐怖と惨劇のプロローグにすぎない。想像を絶する規模で忍び寄る戦慄の世紀末 次に日本を襲うのは……?」

そう書かれたビラの裏には都内の地下鉄路線図が印刷されていた。

それは、教団からの予告だったのか。

不気味などラが撒かれた翌日、かつてない規模の無差別テロが都心を襲った。320日の地下鉄サリン事件の被害は想像をはるかに超えていた。〔…〕

「煩悩にまみれて生きてきた弟子たちよ。いよいよ君たちが目覚めて私の手伝いをする時が来た。君たちは死に際して、決して後悔しないようにしなければならない。〔…〕一緒に救済計画を行おう。そして悔いのない死を迎えようではないか」

21日未明、極東のウラジオストクから日本に向けて放送されているオウム真理教のラジオ番組で、松本は弟子たちにこう語りかけた。

●捜査一課秘録|三沢明彦|光文社|ISBN9784334974305200402月|新潮文庫200911月|評=△

<キャッチコピー>

“伝説の刑事”たちがついに語った。極刑判決へ…今、初めて明かされる麻原逮捕と取調室の攻防。

<memo>

読売新聞記者によるオウム麻原逮捕までの警視庁捜査一課ドキュメント

|

« 倉島長正●国語辞書一〇〇年――日本語をつかまえようと苦闘した人々の物語 | トップページ | ノンフィクション100選★全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件|江川紹子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三沢明彦●捜査一課秘録:

« 倉島長正●国語辞書一〇〇年――日本語をつかまえようと苦闘した人々の物語 | トップページ | ノンフィクション100選★全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件|江川紹子 »