« 向田 和子●向田邦子の手料理 | トップページ | 乙川優三郎●麗しき花実 »

2010.07.07

吉川尚宏●ガラパゴス化する日本

20100707yoshikawagarapa_2

ガラパゴス化現象、すなわち日本発でそれなりに洗練された商品やサービスが独自進化しすぎたために海外では通用しなくなる現象に陥った商品やサービスとして、

携帯電話端末だけではなく、PHS、ディジタル放送、デビットカード、非接触ICカード、電子マネー、おサイフケータイ、カーナビなど数多くの情報通信関連機器・サービスが含まれる。〔…〕

南米大陸からガラパゴス諸島に向かった海流が流れているため、いったん、ガラパゴス諸島に流れ着いた動物は、なかなか南米大陸に戻ることはできないのと同様、地方はグローバル化の契機をつかめていない。また、東京ですら、世界との接点を失うリスクに晒されている。

将来の日本のグローバル化を牽引するはずの若者層は海外に関心をもたなくなってきているし、海外旅行に行く余裕すら失いかけている。

●ガラパゴス化する日本|吉川尚宏|講談社|ISBN9784062880381201002月|新書|評=△

<キャッチコピー>

2010年代の日本の大問題はこれだ! 2000年代に入り急速に進んだグローバル化と、世界の主要プレイヤーから退場しつつある日本。この先待ち受ける衰退のシナリオとは。そして脱却する道とは。

<memo>

このガラパゴス化という言葉は、筆者の同僚であった北俊一氏が 「日本は本当にケータイ先進国なのかガラパゴス諸島なのか」という問題提起を行った論文(野村総合研究所『知的資産創造』200611月号)で使ったのが最初である。(本書)

|

« 向田 和子●向田邦子の手料理 | トップページ | 乙川優三郎●麗しき花実 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉川尚宏●ガラパゴス化する日本:

« 向田 和子●向田邦子の手料理 | トップページ | 乙川優三郎●麗しき花実 »