« ノンフィクション100選★ガン回廊の朝|柳田邦男 | トップページ | 浅田次郎●アイム・ファイン! »

2010.07.26

高橋洋一/須田慎一郎●偽りの政権交代 ――財務省に乗っ取られた日本の悲劇

20100726

菅さんは国家戦略担当相のときは、最初から最後まで音なしの構えを貫いた。

国家戦略室でやっていたことといえば、学者を集めて実りのない議論を延々と続けただけ。その証拠に、20101月から始まった通常国会に、国家戦略室でつくった法案は一つも出ていない。

菅さんの国家戦略室では、複数年度にわたる政策の立案を行っていた。〔…〕

複数年度の政策は、実は、政治家を遊ばせておくにはもってこいなのだ。いってみれば、政治家用のおしゃぶり。〔…〕

たとえ成果がすぐに現れなくとも、政治家は、「今後の国家の方向性を決める重要な構想を練っているのだから、そう簡単にはいかない」と言い訳できるし、非難もあまりされない。

結局、国家戦略担当相だったときの菅さんは、霞が関に遊び道具を与えられて、遊ばされていたようなものだった。

●偽りの政権交代 ――財務省に乗っ取られた日本の悲劇|高橋洋一/須田慎一郎|講談社|ISBN9784062160513201004月|評=○

<キャッチコピー>

まだ、民主党の改革を信じますか?このままでは、2020年に日本は二流国になる。闇の郵政人事/霞が関にジャックされた官邸/JALを潰した真犯人/日本経済を沈没させる日銀と民主党/迷走する政策の裏側など。

<memo>

2010716日「夕刊フジ」…… 菅直人首相が、国家戦略室から府省間の政策調整の機能を外し、首相の「助言機能」に縮小させる方針を固めた。目玉機関の格下げは、民主党政権の金看板「政治主導」の後退につながりかねない。荒井聡担当相の仕事は、「酒を飲みながら首相のグチを聞くだけになった」(党関係者)との声もある。

高橋洋一■ さらば財務省!――官僚すべてを敵にした男の告白

|

« ノンフィクション100選★ガン回廊の朝|柳田邦男 | トップページ | 浅田次郎●アイム・ファイン! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋洋一/須田慎一郎●偽りの政権交代 ――財務省に乗っ取られた日本の悲劇:

« ノンフィクション100選★ガン回廊の朝|柳田邦男 | トップページ | 浅田次郎●アイム・ファイン! »