« 黒岩比佐子●音のない記憶―― ろうあの写真家井上孝治 | トップページ | 村上春樹/和田誠●村上ソングズ »

2010.08.31

中島義道●女の好きな10の言葉

20100833110

日本の女流作家たちも、私はよく読みます。それにしても、女流作家たちは、なぜ男との愛のことばかりを書くのでしょうか? 

どう割り引いても、女流作家のテーマの8割方は、恋人関係と夫婦関係における(その残酷さも含めた)「愛」です。

しかも、不思議ともいえる現象なのですが、女流作家は自分から男を積極的に「求める」話ばかりを書く。

あるいは、自分が現在の恋人や夫に(さまざまな意味で)不満を感じている話ばかりを書く。

かつて、林芙美子も、岡本かの子も、宇野千代も、円地文子も、瀬戸内晴美(いまの寂聴)も、男との性愛ばかり書いていた。

そして、現代に至っても、小池真理子は言わずもがな、高樹のぶ子も、山田詠美も、江国香織も、藤堂志津子も、山本文緒も……、男との性愛関係ばかり描く。

●女の好きな10の言葉|中島義道|新潮社|ISBN9784104397075201005月|評=△

<キャッチコピー>

ほんとうの愛って何?私はあなたの何なの?私を人間として見て!あなたには私が必要なの!あなたは不潔よ!私に何でも言って!私に心配かけないで!わかんなーい!かわいーい!すごーい!…女性はなぜ、こんなセリフを吐くのでしょう?

<memo>

巻末に「女がわかる111の本、映画、オペラ、ミュージカル、歌〔謡〕曲というリストが掲載されている(本書で言及、引用した作品)が、なにしろ1946年生まれの著者なので、とにかく古い。

中島義道◆私の嫌いな10の人びと

中島義道◆人生に生きる価値はない

中島義道●人生、しょせん気晴らし

|

« 黒岩比佐子●音のない記憶―― ろうあの写真家井上孝治 | トップページ | 村上春樹/和田誠●村上ソングズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49381/49272396

この記事へのトラックバック一覧です: 中島義道●女の好きな10の言葉:

« 黒岩比佐子●音のない記憶―― ろうあの写真家井上孝治 | トップページ | 村上春樹/和田誠●村上ソングズ »