« 山川静夫●大向うの人々―― 歌舞伎座三階人情ばなし | トップページ | 藤原美子●夫の悪夢 »

2010.08.04

小林信彦●森繁さんの長い影――本音を申せば

20100804

森繁久弥さんの死が大きい。山田宏一氏が編集した「銀幕の天才 森繁久弥」という写真集(ワイズ出版)があるが、このタイトルは正しくぴったりである。

森繁さんの訃報はNHKによって、〈「社長」シリーズと「屋根の上のヴァイオリン弾き」の役者の死〉として報じられた。

これだけで、もう故人を知る人がいなくなっていることがわかる。〔…〕

昭和25年を一つの折り目とすれば、クライマックスは昭和30年にきた。

「夫婦善哉」のグータラ男、「警察日記」の人情警官という正反対の役で、観客をあっと言わせたのである。

特に関西の芸達者に混っての「夫婦善哉」では、北野中学出身ならではの大阪弁のうまさで、もはやコメディアンではないことを強く印象づけた。

この年の主演映画は18本。いわゆる「社長」シリーズは、翌年から始まるのである。

――「マスコミが語らない森繁久弥像 1

●森繁さんの長い影――本音を申せば|小林信彦|文藝春秋|ISBN9784163725505201005月|評=○

<キャッチコピー>

時代を観察し続ける著者のエッセイ第12弾。政権交代や芸能界、映画の薀蓄から、敗戦の記憶、面白い本、新型インフルエンザまで。

<memo>

週刊文春連載「本音を申せば」2009年版。年間を通してのテーマがないので、タイトルに無理がでて羊頭狗肉に。

小林信彦◆B型の品格――本音を申せば

森繁建/和久昭子●人生はピンとキリだけ知ればいい――わが父、森繁久彌

|

« 山川静夫●大向うの人々―― 歌舞伎座三階人情ばなし | トップページ | 藤原美子●夫の悪夢 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林信彦●森繁さんの長い影――本音を申せば:

« 山川静夫●大向うの人々―― 歌舞伎座三階人情ばなし | トップページ | 藤原美子●夫の悪夢 »