« 川口有美子●逝かない身体―― ALS的日常を生きる | トップページ | ノンフィクション100選★風騒ぐ――かなしむ言葉|岡部伊都子 »

2010.08.19

尾形明子/長谷川啓:編●老いの愉楽――「老人文学」の魅力

20100819

これまで老年の考察といえば、老いへの恐怖・抵抗・不安といった〈老醜〉の側面が語られがちだった。確かにそれは、老いの大きな側面には違いない。だが、老いはそれだけにはとどまらない。

少なくとも老年は、肉体の老衰に反比例して、人生を長く生き経験しただけ、蓄積豊かなゆとりある境地への到達、人生の黄金時代といえるのではなかろうか。

現実の第一線から遠ざかるにつれ、既成の価値観や制度を逸脱できる自在な精神・思考を獲得できる時間ともいいかえることができよう。

〈惚け〉への階段にしても、夢と現実の境界を希薄にし、子供の空想世界に帰れる、ある意味でもっとも自由な、

放恣なほど自由な創造空間に耽溺でき、老いの過激性として考え直す必要があるかと思われる。

●老いの愉楽――「老人文学」の魅力|尾形明子/長谷川啓:編|東京堂出版|ISBN9784490206463200809月|評=△

<キャッチコピー>

日本の近現代文学を老いの視点から読み解く。シニア世代に発信するラジカルな一冊。瀬戸内寂聴/田辺聖子/大庭みな子/五木寛之/黒井千次/古井由吉/テーマ別“老い”のブックガイド。

<memo>

老いという視点から16人の作家の作品を読むのだが、著名な作品ばかりで今さら新鮮さもない。

|

« 川口有美子●逝かない身体―― ALS的日常を生きる | トップページ | ノンフィクション100選★風騒ぐ――かなしむ言葉|岡部伊都子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾形明子/長谷川啓:編●老いの愉楽――「老人文学」の魅力:

« 川口有美子●逝かない身体―― ALS的日常を生きる | トップページ | ノンフィクション100選★風騒ぐ――かなしむ言葉|岡部伊都子 »