« 春日太一●天才 勝新太郎 | トップページ | ノンフィクション100選★サンダカン八番娼館|山崎朋子 »

2010.08.12

朱川湊人●かたみ歌

20100812

「おや、まだご存じないんですか? あの子が言っていましたよ。ここに来る前に、お寺で若い女の人と会って……その人のお腹には赤ちゃんがいたと」

「えっ」

久美子は思わず、お腹を押さえる。

「きっと、あの子には、そういうことが全部わかってしまうんでしょうね」

(赤ちゃん――私の、赤ちゃんが?)

お腹をさする掌が、ぽかぽかと暖かくなってきたように思えた。

「面白いものですね、世の中と言うものは。日々誰かが去り、日々誰かがやってくる。時代も変わり、流行る歌も変わる……

けれど人が感じる幸せは、昔も今も同じようなものばかりですよ」

そう言って古本屋の主人は、きれいな笑みを浮かべた。

●かたみ歌|朱川湊人|新潮社|ISBN9784104779017 20058月|文庫版20082月|評=◎おすすめ

<キャッチコピー>

東京・下町にあるアカシア商店街。ちょっと不思議な出来事が、傷ついた人々の心を優しく包んでいく。懐かしいメロディと共に、ノスタルジックに展開する七つの奇蹟の物語。

<memo>

「のどが渇くほど泣きじゃくりました」というPOPと「涙腺崩壊」という帯のコピーで売る上げを伸ばしている本。商店街の近くの覚智寺という寺には、昔からあの世と繋がっているという噂があってと、昭和という時代のせつない都市伝説を7つの短編で描く連作。古書店の主人は嘆く。「けれど奇跡は、それを望む者には起こらないようだ」。最終章「枯葉の天使」はすこし涙腺を刺激する。

|

« 春日太一●天才 勝新太郎 | トップページ | ノンフィクション100選★サンダカン八番娼館|山崎朋子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朱川湊人●かたみ歌:

« 春日太一●天才 勝新太郎 | トップページ | ノンフィクション100選★サンダカン八番娼館|山崎朋子 »