« 黒井千次●老いのかたち | トップページ | 加賀乙彦●不幸な国の幸福論 »

2010.09.28

萩原朔美●劇的な人生こそ真実―― 私が逢った昭和の異才たち

20100928

*

考えてみると、母親は付き合った人も、憧れの人も、全員年下の男である。

私は年齢に反比例してどんどん派手に若くなる服装と、年下好みは一緒のことだと思っていた。

ことの真相は、私が母親の年齢になってやっと分かった。

キンキラの服は、他人の視線が気にならないから着るのではない。自分の歳が心とずれている結果なのだ。意識して派手にしているのではないのだ。

私はこれを「年齢同一性障害」と名付けている。〔…〕

実は私も今「年齢同一性障害」の最盛期だ。心が未だ40代でとまっている。

心は一体いつ歳を取るのだろうか。いつから心の老化は始まるのだろうか。心の加齢は自分ではどうすることも出来ない。

母親もこれだったんだと、やっと遅まきながら思い至ったのである。母親は年下好みでもなんでもない。同世代のように思えてしまっていたのだ。「年齢同一性障害」者は、年齢の開きなど眼中にないのである。

――「母萩原葉子再婚話」

●劇的な人生こそ真実―― 私が逢った昭和の異才たち|萩原朔美|新潮社|ISBN9784103168126201006月|評=○

<キャッチコピー>

奇書『家畜人ヤプー』の沼正三、「暗黒舞踏」の土方巽、「ドッキリチャンネル」の森茉莉、「天井桟敷」の寺山修司…。あの時代のホンモノの才人たちが鮮やかに蘇る。

<memo>

「パルコを作った益田通二の更地」において、一世を風靡した「ビックリハウス」の出自と終焉が語られている。

萩原朔美◆死んだら何を書いてもいいわ――母・萩原葉子との186

|

« 黒井千次●老いのかたち | トップページ | 加賀乙彦●不幸な国の幸福論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩原朔美●劇的な人生こそ真実―― 私が逢った昭和の異才たち:

« 黒井千次●老いのかたち | トップページ | 加賀乙彦●不幸な国の幸福論 »