« 五木寛之●僕が出会った作家と作品――五木寛之選評集 | トップページ | 由井りょう子●黄色い虫 ――船山馨と妻・春子の生涯 »

2010.10.20

柴田トヨ●くじけないで

20101020

*

私ね 人から

やさしさを貰ったら

心に貯金しておくの

さびしくなった時は

それを引き出して

元気になる

あなたも 今から

積んでおきなさい

年金より

いいわよ

――「貯金」

●くじけないで|柴田トヨ|飛鳥新社|ISBN9784870319929201003月|評=△

<キャッチコピー>

「人生いつだってこれから 朝はかならずやってくる」産経新聞「朝の詩」で注目を集める98歳の詩人、90 歳を過ぎて詩を書き始めた トヨさん、初の処女作品集

<memo>

1911(明治44)年生まれの一人暮らしの老女の詩集。詩というより独白にすぎないが、50万部をこえたという。劣化する読者と編集者の例。

歳をとるたびに/いろいろなものを/忘れてゆくような/気がする

人の名前/幾つもの文字/思い出の数々

それを 寂しいと/思わなくなったのは/どうしてだろう

忘れてゆくことの幸福/忘れてゆくことへの/あきらめ

ひぐらしの声が/聞こえる(「忘れる」)

|

« 五木寛之●僕が出会った作家と作品――五木寛之選評集 | トップページ | 由井りょう子●黄色い虫 ――船山馨と妻・春子の生涯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柴田トヨ●くじけないで:

« 五木寛之●僕が出会った作家と作品――五木寛之選評集 | トップページ | 由井りょう子●黄色い虫 ――船山馨と妻・春子の生涯 »