« 島森路子●ことばに出会う――島森路子インタビュー集2 | トップページ | 中井久夫●私の日本語雑記 »

2010.10.13

出久根達郎●新懐旧国語辞典

20101013

**

芥川龍之介の「澄江堂雑記」(大正13年)に、「とても」考がある。

「とても」という語は、本来、「とても、かなわない」「とても、まとまらぬ」という風に、必ず否定をともなって用いられていた。

ところが数年前から東京では、「とても安い」とか、「とても寒い」などと肯定的に遣われだした。

これは三河の国あたりの方言が東上したものと考えられる、と元禄4年の『猿蓑』に収録の、三河の俳人・子尹の句を例に推量している。

芥川より5年先輩に、医学博士で探偵小説家の、正木不如丘がいる。この人に偶然だが、「とても」考が、ある。〔…〕

それが、言語に絶するの意で遣われるようになったのは、50何年か前(明治末に当る)の一高からである。松本中学出身の一高生が、「とても腹がへったよ」と学校前のそば屋に行く。同級生が面白がって口にし、それが全国に流行した。

「とても」の肯定用法は方言だ、と正木は言う。芥川はたぶん一高時代に盛んに耳にしたのだろう。

――「とても」

●新懐旧国語辞典|出久根達郎|河出書房新社|ISBN9784309019963201008月|評=△

<キャッチコピー>

今は全く意味がわからなくなった言葉、そんな言葉もあったなあというレトロな言葉、つい最近まではやった言葉……。様々に懐かしい言葉、時代への愛惜エッセイ。

<memo>

本書は、『諸君!』連載「言の葉のしずく」より、『セピア色の言葉辞典』(文春文庫)に収録されなかった残り80篇をまとめたもの。河出書房新社お得意の“未収録”作品集。以下、雑談……。

出久根達郎●春本を愉しむ

出久根達郎●夢は書物にあり

<仙谷官房長官・菅首相の国語力>

仙谷官房長官は“影の総理”と呼ばれるのが好きらしく、国会でも記者会見でも調子にのってしばしば相手を恫喝するような言辞を吐く。

201010月8日、参議院本会議をテレビ中継で見ていたが……。

水野賢一議員の代表質問。「仙谷官房長官は尖閣の問題で中国人船長を釈放したことに関して『那覇地検の判断を了とした』と話されましたが、政府は検察の判断を承認したのですか?だとしたら、承認しない場合もあるんですか?」。

仙谷官房長官の答弁。「適切であると理解したとの意で、了解ではない。“りょう”というのは、(手振りで大きく“了”の字を書きながら)終了の“了”ではなく、ごんべんに京の“諒”でありますっ!」。 声を荒らげて、議場を睨みつけた。

ちなみに手元にある広辞苑4版では……。

【諒する】まこととして承知する。事情を汲んでとがめない。おもいやる。諒とする。

小学館国語大辞典では……。

【諒する】事情を思いやって納得する。やむを得ないと承知する。了承する。諒とする。

漢字源では……。

【諒】①まこと。明白なこと。偽りのない真実。②まことに。たしかに。③あきらか。あきらかにする。はっきりとみきわめた。わかったという。是認する。転じて、あっさりと認める。 [参考]「了」に書き換えることがある。「了・了解・了承」

 これに比べると、201092日民主党代表選に臨む日本記者クラブ主催の討論会での菅のお粗末はかわいい。「揮毫」を記した。菅氏は『初心を貫く 平成二十二年九月二日 菅直人』と書いた(小沢氏は現在の心境を「真っ白」とし「小沢一郎」とだけ書いた)。

ところが初心の「初」の字が誤字だ。「初」は本来なら「ころもへん」のはずなのに「しめすへん」になっている。

今年を表わす漢字はと問われたらわたしは「劣」と即答する。政治の劣悪、外交の劣敗、円の劣勢、新聞の劣化、テレビの劣情……。

Photo

|

« 島森路子●ことばに出会う――島森路子インタビュー集2 | トップページ | 中井久夫●私の日本語雑記 »

コメント

 <仙谷官房長官の国語力>

2010年10月12日 衆院予算委。尖閣諸島の中国漁船衝突事件をめぐる一連の対応について、自民党・石原伸晃幹事長から「弱腰外交」と批判された仙谷官房長官は「弱腰とは思っていない。柳腰というしたたかで強い腰の入れ方もある」と反論した。

2010年10月13日。記者会見で「女性ほど強いものはないし、柳はどんな強風が吹いてもゆらゆらとしたたかに、しなやかに対応している」と述べ、自民党の批判を“柳に風”と受け流した。

2010年10月14日 参院予算委。自民党の山本一太議員から「柳腰」外交発言を撤回するよう求められたが、「柳はなよなよしているが、しっかりして強いという意味だ」と突っぱねた。「日本のしなやかな柳腰外交が(国際社会から)評価されている」と譲らなかった。

柳腰とは……。
◆広辞苑 やなぎ-ごし【柳腰】(「柳腰(りゆうよう)」の訓読) 細くてしなやかな腰つき。「―の美人」
りゅう‐よう【柳腰】柳の枝のように細くしなやかな腰、すなわち美人の腰。やなぎごし。
◆小学館国語大辞典 やなぎ‐ごし【柳腰】細いしなやかな腰。また、腰細の美人。細腰。
◆漢字源 【柳腰】①柳のしなやかな枝。②柳のようにしなやかな腰。美人のたとえ。

投稿: KOBE@RANDOM | 2010.10.17 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出久根達郎●新懐旧国語辞典:

« 島森路子●ことばに出会う――島森路子インタビュー集2 | トップページ | 中井久夫●私の日本語雑記 »