« 斎藤美奈子●ふたたび、時事ネタ | トップページ | 村田喜代子●故郷のわが家 »

2010.11.22

川上弘美●句集 機嫌のいい犬

20101122

*

たとえば、この句集の最初のほうの句、会ふときは柔らかき服鳥曇という句について、わたしは「別にそうじゃないんだけれど、きっとこれは、恋の句と解釈されるだろうなあ」と思っていたのです。〔…〕

ところが、句会ではのっけから、「会う、は、逢う、ではないのだから、この句の主体は、まだ恋までは行き着いていないのでしょうね。

でも、柔らかき服というところで、恋の予感があるんですね」という感想をいただいたのです。

びっくりしました。だってわたしは、恋の予感、なんていう繊細な意味など、この句にこめていなかったのですから。でも、そうやって眺めてみれば、ふむふむ、これはたしかに恋の予感だ、と、反対に句友に説得されたような気分になったのです。〔…〕

読み手というものが、こんなに注意深く言葉を読んでくれる。〔…〕まさに句会という場所で、わたしは「作者は読者を信じていいのだ」という、幸福な信頼を手に入れることになりました。

●機嫌のいい犬 句集|川上弘美|集英社|ISBN9784087753974201010月|評=○

<キャッチコピー>

恋愛、日常、食卓、旅・・・ある季節、ある一日、ある瞬間。十七文字のゆたかに広がる物語。言葉の不思議なコレクション220句。第一句集。

<memo> 10句選

はつきりしない人ね茄子投げるわよ

サイダーの泡より淡き疲れかな

初夢に小さき人を踏んでしまふ

黒髪ヲ売リマスとあり路地の秋

家ぢゆうの鏡みがける小春かな

聖夜なりミナミトリシマ風力10

ポケットに去年の半券冬の雲

骨軽くわれあり春の闇のなか

出口より入りてまた出る春の暮

まんじゆしやげ褪せゆくときもいつせいに

なお、句集タイトルは「徹頭徹尾機嫌のいい犬さくらさう」から。

川上弘美■ 大好きな本――川上弘美書評集

|

« 斎藤美奈子●ふたたび、時事ネタ | トップページ | 村田喜代子●故郷のわが家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川上弘美●句集 機嫌のいい犬:

« 斎藤美奈子●ふたたび、時事ネタ | トップページ | 村田喜代子●故郷のわが家 »