« 丸谷才一●あいさつは一仕事 | トップページ | 赤塚りえ子●バカボンのパパよりバカなパパ ――赤塚不二夫とレレレな家族 »

2010.12.08

本多勝一●本多勝一 逝き去りし人々への想い

20101208

*

新聞に出る俺の記事はもちろん、俺の文章の出た雑誌や本を、父はあますところなく読んでいた。単行本の場合はほとんどが新聞などに以前出て読んだものなのに、やはり丁寧に目を通していた。

俺の記事の最も熱心な読者は、たぶん父だったかもしれない。

従って記事を書くときも、父にわかるようにという気持ちが、文章の基本のひとつとして働いていることがよくあった。

それはもちろん質を下げるという類のものではなく、表現方法の問題である。

雑誌などに少々ラディカルなことを書くと、父は「あんな過激なことを書いていいのか」と心配し、母は「なにしろ親が生きとるうちは、世間に顔向けできんようなこたアしてくれるなよ」と言うのが常であった。〔…〕

俺はべつに「過激」になったわけでは全くなく、こっちは変らないのに世間がむしろある方向に「過激」になりつつあるんだ、などといって安心させようとしていた。

――「本多勝第――父の通夜」

●本多勝一 逝き去りし人々への想い|本多勝一|講談社|ISBN9784062164030201010月|評=○

<キャッチコピー>

日本のジャーナリズム、政治、文化、国際問題、社会運動を支えた巨人たち、身のまわりの愛しき人々への「鎮魂歌」。著者が共に生き、共に闘った人々の生き様、死に様を綴った記念碑的作品。

<memo>

親、兄弟、師、友人などへの追悼文集。

|

« 丸谷才一●あいさつは一仕事 | トップページ | 赤塚りえ子●バカボンのパパよりバカなパパ ――赤塚不二夫とレレレな家族 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49381/50234144

この記事へのトラックバック一覧です: 本多勝一●本多勝一 逝き去りし人々への想い:

« 丸谷才一●あいさつは一仕事 | トップページ | 赤塚りえ子●バカボンのパパよりバカなパパ ――赤塚不二夫とレレレな家族 »