« 斎藤美奈子◎月夜にランタン | トップページ | 北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇 »

2011.01.19

村松友視◎ギターとたくあん――堀威夫流不良の粋脈

20110119

*

年をこなすごとの仕事の内容や、対人関係によってゆっくりと躯から力が抜けていったせいで、生まれつきの正直な性格や気質が、素直に表面に出るようになったということであるのかもしれない。

たくあんを漬けはじめたのが1974年すなわち42歳、42年ぶりであらためてギターとよりをもどしたのが2002年すなわち70歳のとき……

個人としての日常生活のベースに、たくあんとギターがかさなるようになって、今年で8年目ということになる。この8年間の意味合いを、私はあえて着目したいと思った。

現在の堀威夫には、不良の粋脈の奥におだやかな水脈が流れ、何とも男らしいやわらかさがあらわれているのだ。

そこに伝わってくるのは、スイング・ウエスト全盛時代のバンドマンの華、ホリプロ・ファウンダーの悠々たる貫禄、そして何か複雑きわまりない屈託をからめた男の、不思議で謎めいた不良の香りだった。

◎ギターとたくあん――堀威夫流不良の粋脈|村松友視|集英社|ISBN9784087814439201010月|評=△

<キャッチコピー>

綺羅星の如きスターを育んだ激動の50年!そのホリプロ創業者・堀威夫の正負の戸板返しの人生を、村松友視がみずからの生に照らし合わせて描き、逃げ水のように謎に満ちた男の素顔に迫る。

<memo>

堀威夫には本書にも多く引用されている『いつだって青春』1992、増補文庫版は2005)がある。その自伝以降を含めた堀の人生をギターとたくあん漬けの特技をモチーフに描いている。ホリプロ50周年のお祝いパーティの席で出席者にこの本が配られたのだそうだ。 その種の本である。

村松友視■ 淳之介流 - やわらかい約束

村松友視★私、プロレスの味方です

|

« 斎藤美奈子◎月夜にランタン | トップページ | 北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村松友視◎ギターとたくあん――堀威夫流不良の粋脈:

« 斎藤美奈子◎月夜にランタン | トップページ | 北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇 »