« 村松友視◎ギターとたくあん――堀威夫流不良の粋脈 | トップページ | 角幡唯介◎空白の五マイル――チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む »

2011.01.20

北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇

20110120

*

   4

夜勤の警備員をしながら、彼はいくつもの古典悲劇を暗唱したが、この何十年かのあいだ、口に出す言葉といえば、「こんばんは」「お疲れさまでした」など、いくつかの挨拶だけだった。〔…〕

19

同僚たちと花見の席で大騒ぎをしている最中にふと、

自分が前世でこの樹のしたへ

誰かを殺して埋めたことを思い出した。〔…〕

35

演奏会の直前に、オーケストラの団員たちが楽器ケースを開けると、それぞれのケー

スの大きさに見合った子供の木乃伊が入っている。〔…〕

89

老いた船乗りが漂着した孤島で見出した苔だらけの塊は、故国に放置してあった母親の墓の墓石だった。〔…〕

100

若いころ婚約していた女のもとへ長い手紙を書き送るのが男の五十年来の日課であり、ぶ厚い封書を開封せずに焼却するのが五十年来の女の日課であった。

――飯田茂実「一文物語集」より

◎とっておき名短篇|北村薫/宮部みゆき|筑摩書房|ISBN9784480427922201101月|文庫|評=○

<キャッチコピー>

「しかし、よく書いたよね、こんなものを…」と北村薫に言わしめた、とっておきの名短篇!目利き二人を唸らせた短篇が勢揃い。

<memo>

北村・宮部による名短篇アンソロジーの4冊目。戸板康二、深沢七郎、松本清張、大岡昇平などの短篇を収録。上掲は掌編小説? 詩?

北村薫●自分だけの一冊――北村薫のアンソロジー教室

北村薫●北村薫の創作表現講義――あなたを読む、わたしを書く

|

« 村松友視◎ギターとたくあん――堀威夫流不良の粋脈 | トップページ | 角幡唯介◎空白の五マイル――チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇:

« 村松友視◎ギターとたくあん――堀威夫流不良の粋脈 | トップページ | 角幡唯介◎空白の五マイル――チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む »