« 上杉隆◎結果を求めない生き方――上杉流脱力仕事術 | トップページ | 上野千鶴子◎女ぎらい――ニッポンのミソジニー »

2011.02.10

北村薫/宮部みゆき:編◎名短篇、ここにあり

20110210

*

「そうね、普段のあなたは、ひっそり音のしないような感じでしょう。声をたてて笑いもするし、てきぱき用事も捌いて行くけれども、何となく音のない人って感じね。

それがね、時々、そうね、何ていったらいいかしら、写真のライトを向けられた時なんかとは違う……そう恰度稲光りに照らし出された瞬間みたいな、ちょっと形容の出来ない鮮明さと気味悪さの一緒になった勁(つよ)さを感じるのね。

あなたの時々見る眩しいみたいな綺麗さってそういうものよ。だから、恋愛してるんじゃないかなと思ったの……こういう見方も、私時代の者の古びた眼かも知れないけれどもね」

――円地文子「鬼」

◎名短篇、ここにあり|北村薫/宮部みゆき|筑摩書房|ISBN9784480424044200801月|文庫|△

<キャッチコピー>

意外な作家の意外な逸品。本の目利き二人の議論沸騰し、迷い、悩み、選び抜かれたとっておきのお薦め短篇12篇。

<memo>

半村良、黒井千次、小松左京、吉行淳之介、多岐川恭、戸板康二など、アンソロジーでなかったらもう読むことのない作家の作品に再会した。上掲「鬼」は恐怖を呼ぶ傑作。なお、「『小説新潮」』(200611月号)の創刊750号記念名作選を基に、新たに編んだ文庫オリジナルである」とある。なんだ、本の目利き二人が選定したのではなかったのか。

北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇

|

« 上杉隆◎結果を求めない生き方――上杉流脱力仕事術 | トップページ | 上野千鶴子◎女ぎらい――ニッポンのミソジニー »

コメント

そうだったのですか。非礼でした。お詫びします。

投稿: | 2011.02.10 22:54

小説新潮750号記念名作選自体が、北村、宮部のセレクトです。

投稿: | 2011.02.10 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫/宮部みゆき:編◎名短篇、ここにあり:

« 上杉隆◎結果を求めない生き方――上杉流脱力仕事術 | トップページ | 上野千鶴子◎女ぎらい――ニッポンのミソジニー »