« 森英恵◎グッドバイバタフライ | トップページ | 北方謙三◎水滸伝12・炳乎の章 »

2011.03.14

北方謙三◎水滸伝 11・天地の章

11

*

「人が営みの中で身につけた智恵には、実にさまざまなものがあるのですね。勉強になりました」

「いや、これぐらいのことは」

「私は世間を知らなすぎると、よく母に言われます。こういうことを眼にすると、母の危惧も理解できますね」

「俺は、長く放浪を続けましたが、世間を知ってよかったと思ったことは、あまりありません。

どこにも、人の愚かさや醜さが満ちていて、心を打つものなど滅多に見ることができませんから」

「それもまた、人の世でしょう」

──「地然の章」(王進と索超)

◎水滸伝 11・天地の章│北方謙三│集英社│ISBN9784087461978200708月│文庫│評価=◎おすすめ

<キャッチコピー>

梁山泊の頭領の対立が深刻化していた。兵力をもっと蓄えたい宋江。今すぐ攻勢に転じるべきだと主張する晁蓋。しかし、青蓮寺は密かに暗殺の魔手を伸ばしていた。刺客の史文恭は、梁山泊軍にひとり潜入し、静かにその機を待ち続ける。滾る血を抑えきれない晁蓋は、自ら本隊を率いて、双頭山に進攻してきた官軍を一蹴し、さらに平原の城郭を落とした。北方水滸、危急の11巻。

|

« 森英恵◎グッドバイバタフライ | トップページ | 北方謙三◎水滸伝12・炳乎の章 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三◎水滸伝 11・天地の章:

« 森英恵◎グッドバイバタフライ | トップページ | 北方謙三◎水滸伝12・炳乎の章 »