« 北方謙三◎水滸伝15・折戟の章 | トップページ | 上原隆◎胸の中にて鳴る音あり »

2011.03.21

猪熊建夫◎ジャーナリズムが亡びる日──ネットの猛威にさらされるメディア

20110321

*

メディアの関係者は、己の食い扶持とジャーナリズムの意義や有りようを、とかく混同しがちである。

多くの業種・業界と同じように、自分の仕事が失われても世間は一向に困らないかもしれない、ということを認識すべきであろう。メディアとて聖域ではないのだ。

「インターネットは、自らニュースやコンテンツを発信しているわけではない。だから、ジャーナリズムの役割は担えず、単なる情報通信基盤にすぎない。優れ物であることは、よくわかっているが……」と、したり顔をしてきた。

しかし、2010年の秋以降、民間告発サイト「ウィキリークス」や、動画投稿サイト「ユーチューブ」が大活躍している。〔…〕

賛否両論があるにせよ、なまじの浅知恵が入らない「無編集」「無選択」の効用を、再認識させられたのである。

ひょっとすると、新聞社やテレビ局が没落しても、ジャーナリズムはきちんと機能するかもしれない、いずれネットを主舞台とする組織ジャーナリズムも育ってくるであろうし……と、いささか迷いも生じてくるのである。

◎ジャーナリズムが亡びる日──ネットの猛威にさらされるメディア│猪熊建夫

│花伝社│ISBN9784763405920201101月│評価=△

<キャッチコピー>

ネットになびく広告、テレビ離れ、放送と通信の融合、新聞・出版の衰退…。マスメディアが崩壊すれば、ジャーナリズムも衰退する。ネットは単なる通信基盤であって、コンテンツ創造能力はない。「有料課金」に徹してこそジャーナリズムは維持できるのではないか。

<memo>

ジャーナリズムを論じたものではない。元新聞記者による新聞、テレビ、本、ネット等、メディアの現状に関する“ゆるい”解説本。

内田樹●街場のメディア論

原寿雄●ジャーナリズムの可能性

岸博幸●ネット帝国主義と日本の敗北 ――搾取されるカネと文化

鈴木伸元◎新聞消滅大国アメリカ

|

« 北方謙三◎水滸伝15・折戟の章 | トップページ | 上原隆◎胸の中にて鳴る音あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪熊建夫◎ジャーナリズムが亡びる日──ネットの猛威にさらされるメディア:

« 北方謙三◎水滸伝15・折戟の章 | トップページ | 上原隆◎胸の中にて鳴る音あり »