« 鈴木伸元◎新聞消滅大国アメリカ | トップページ | 辰濃哲郎/医薬経済編集部◎歪んだ権威──日本医師会 積怨と権力闘争の舞台裏 »

2011.03.08

魚住昭◎冤罪法廷── 特捜検察の落日

20110308

*

「それから、遠藤検事から 『執行猶予になるんだからいいじゃないか』と言われたわけですが、国井検事からはそういうことを言われたことはありませんか」

「国井検事も同じように『これはたいした罪ではない』と同じことを述べられました」

「それに対して?」

「検事さんはみんなそういうふうに考えるのかな、と思って、『検事さんの言われる、その“たいした罪”というのはどういうものですか?』とおうかがいしたら、殺人や、傷害だと」

「それで?」

「私もそう言われたのは2度目なので、非常に怒りが湧いてきて『こんな罪に問われるぐらいなら、この歳になって、恋に狂って相手の男を刺したと言われたほうがよっぽどマシだ』というふうに言いました

国井検事の反応は?」

「なにもおっしゃいませんでした」

──「終章 村木厚子の“告発”」

◎冤罪法廷── 特捜検察の落日│魚住昭│講談社│ISBN9784062165518201009月│評価=○

<キャッチコピー>

09年6月、郵便不正事件に関連して、厚労省のエリート女性局長が虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕された。「あなたがウソをついているか、ほかの全員がウソをついているかのどちらかだ」完璧なまでに整えられた検察ストーリー。すべての関係者証言は彼女の犯行を指し示していた。絶対不利の法廷に、「無罪請負人」で知られる百戦錬磨の弁護士が立ち上がった。「最強の捜査機関」崩壊の瞬間。

<memo>

検察は真実に敗れたのではなく、弁護士の戦術に敗れたと強調する。ヤメ検の弁護士が担当していたら有罪になったとも。この「郵政不正事件」は、証拠品のフロッピーディスクを改ざんした “大阪地検特捜部のエース”前田恒彦検事逮捕という新たな展開を見せ、上司だった大坪弘道特捜部長等の逮捕につながるが、本書ではまったく触れられておらず、続編が望まれる。

三井環●検察の大罪――裏金隠しが生んだ政権との黒い癒着

上杉隆/週刊朝日編集部●暴走検察

村串栄一●新・検察秘録 ――誰も書けなかった政界捜査の舞台裏

森功■ ヤメ検――司法エリートが利欲に転ぶとき

魚住昭■ 官僚とメディア

魚住昭ほか●おかしいぞ!警察・検察・裁判所―― 市民社会の自由が危ない! 

|

« 鈴木伸元◎新聞消滅大国アメリカ | トップページ | 辰濃哲郎/医薬経済編集部◎歪んだ権威──日本医師会 積怨と権力闘争の舞台裏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚住昭◎冤罪法廷── 特捜検察の落日:

« 鈴木伸元◎新聞消滅大国アメリカ | トップページ | 辰濃哲郎/医薬経済編集部◎歪んだ権威──日本医師会 積怨と権力闘争の舞台裏 »