« 真山仁◎虚像(メディア)の砦 | トップページ | 佐々木譲◎カウントダウン »

2011.05.25

宮崎学◎続・突破者

20110525_2

*

つまり、現代社会の最高社会権力はメディアが握ったのだ。

最高権力だから、つまらない誤報をしたといっては謝ることはあっても、大衆をミスリードしたといって自己批判したりすることはけっしてない。

中坊公平を「次期首相にふさわしい」と持ち上げたり、鈴木宗男を「疑惑の総合商社」と貶めたりして、それがまちがいだったことがわかっても、なんの反省もしないし、自戒することもない。

われわれは、視聴者のみなさんの望むようにしただけであって、われわれの意見を押しっけたわけではありません、というわけだ。〔…〕

メディアクラシーがデモクラシーだと思い込んでいる。だから、ますます胡散臭い「正義」を再生産していくことになる。このような状況を俺は「空気のファシズム」と呼んだことがある。

◎続・突破者│宮崎学│同時代社│ISBN9784886836861201011月│評価=△

<キャッチコピー>

衝撃のデビューから15年。ベストセラー自伝の書き下ろし続編!「正義」をかざすインチキ漢、脱獄計画で著者を助けた闇の将軍、清く正しい市民の群れ、刑務所で出会った男と女…。奈落の闇を、著者は野蛮の声をあげて泳いできた。孤立を怖れず、進むほかないだろう。

<memo>

そうか、グリコ森永事件の“キツネ目の男”に擬して『噂の真相』に登場し、翌年『突破者』で作家デビューして、もう15年か。正編に比して迫力が無いわけだ。

佐藤優■ 国家の崩壊

鈴木宗男/宮崎学/西部邁■ 日本と戦う

田中森一/宮崎学■ 必要悪――バブル、官僚、裏社会を生きる

|

« 真山仁◎虚像(メディア)の砦 | トップページ | 佐々木譲◎カウントダウン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎学◎続・突破者:

« 真山仁◎虚像(メディア)の砦 | トップページ | 佐々木譲◎カウントダウン »