« 大森実◎エンピツ一本(上) | トップページ | 大森実◎エンピツ一本(下) »

2011.06.29

大森実◎エンピツ一本(中)

20110629_2

*

酩酊して帰宅したのは午前3時半ごろであった。玄関の扉を開くなり、けたたましく電話が鳴った。

受話器を取り上げると、

「ケ、ケ、……、ケネディが撃たれました⊥と第1報に接した外信部デスクからの急報であった。〔…〕

拙宅の風呂場には、いつもバスタブに水が張られていた。火災予防のためだったが、次の瞬間、私は裸になってバスタブに飛びこんだ。心臓の鼓動が止まるほどの冷水の中に3分間も浸っていると、酔いが覚めるだけでなく、思考がはっきりしてきて、3ページの紙面編集の骨格ができあがった。〔…〕

自宅を出てから本社の裏門まで17分間、これはムチヤクチャな大暴走であった。日比谷公園を過ぎた辺りから、パトロールの白バイが2台、追跡してきたが、社の裏門の守衛に、

「白バイの警官には、ケネディが撃たれたんだ、新聞作りが終るまで逮捕は猶予してくれといってくれ」

といって2階の編集局に駆け上った。

──第五章 大いなる闘い

◎エンピツ一本(中)│大森実│講談社│ISBN9784062058278199205月│評価=◎おすすめ

<キャッチコピー>

本が世界に向かって飛躍しようとしたとき、常に事件の現場に立って、真実を報道してきた男の「叡知」の記録。

<memo>

飲み続けているうちに、隅っこにいた浜口庫之助が、

「ママさん。ギターを貸してよ。大森ちゃんの歌ができそうなんだ」といい出した。

ギターを抱えた浜口庫之助は、暫くギターの弦を爪びくようにしていたが、

「こんなのどうだろう。みんな聞いてよ」と自分で唱い出した。

エンピツが一本 エンピツが一本/きみのポケットに

エンピツが一本 エンピツが一本/きみの心に

明日の夢を書くときも/昨日の想い出書くときも

黒い頭のまるまったエンピツが一本だけ

大森実★激動の現代史五十年

小倉孝保◎大森実伝──アメリカと闘った男

大森実◎わが闘争わが闘病

|

« 大森実◎エンピツ一本(上) | トップページ | 大森実◎エンピツ一本(下) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大森実◎エンピツ一本(中):

« 大森実◎エンピツ一本(上) | トップページ | 大森実◎エンピツ一本(下) »