« 真山仁◎プライド | トップページ | ラリー遠田◎この芸人を見よ! »

2011.06.14

小川洋子◎妄想気分

20110614

*

本や雑誌はもう完全に本棚からあふれ出し、自分が書いたエッセイの掲載誌でさえ容易には取り出せず、フロッピーは新しいのも古いのもごちゃごちゃに積み重なっている。

しかし、本人は少しも気にしていない。そういう中で、平気で小説を書いている。だから、自分が書く小説についても、整理整頓などしない。資料を集めたり、設計図を作ったりはしない。

書き始める前、私の頭の中にあるのは、漠然としたいくつかの言葉と、その言葉自身が生み出すいくつかの場面だけだ。

その混沌とした小説の中を、言葉を手がかりに探ってゆくことが、私にとっての書く楽しみだ。

最初から整理整頓された小説はおもしろくない。

──「整理整頓」

◎妄想気分│小川洋子│集英社│ISBN9784087813715201101月│評価=○

<キャッチコピー>

日常の中にある異界への隙間……。目を凝らし耳を澄ますと入口が見えてくる。そこを覗くと物語がはじまる。創作をめぐるエッセイ集。

<memo>

「すべて知りつくしていると思っている場所にも、目に見えない空気のゆがみがあって、その奥には秘密の世界が隠れている。そこに迷い込むことができるのは、方向音痴の人だけだ」(本書)

小川洋子■ 科学の扉をノックする

小川洋子■ 博士の本棚

|

« 真山仁◎プライド | トップページ | ラリー遠田◎この芸人を見よ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小川洋子◎妄想気分:

« 真山仁◎プライド | トップページ | ラリー遠田◎この芸人を見よ! »